カラシニコフと「武器輸出三原則」

 あのカラシニコフ氏が亡くなった。享年94歳。
 世界的に普及している「カラシニコフ銃(AK47)」を開発したロシアの銃器設計者として有名だ。第二次大戦で、ナチスドイツの武装・自動小火器に衝撃を受け、新しい銃器の設計を決意したという。戦後、開発した自動小銃「AK47」は、水や砂にも強いと言われるほど並はずれて耐久性に優れ、過酷な環境でも確実に作動して、軍人たちの信頼を得た。
         カラシニコフ、09年12月
           (カラシニコフ氏 09年12月)

 旧共産圏を中心に普及したが、コピー製品も大量に出回り、総数は1億丁を超えると言われる。多くの紛争やテロ攻撃にも使われ「史上最悪の大量殺戮兵器」とも言われたが、本人は「それは私の責任ではない。政治家の責任だ」と言ったという。
 また、「戦争がなかったら、農業労働を楽にする機械を作っていただろう」とも述べている。

         nica2[1]
          (紛争で多用されるカラシニコフ銃)

 私がカラシニコフを知ったのは、朝日新聞の編集委員だった松本仁一氏の話しを聞いてからだった。彼は、日本でアフリカ報道の第一人者のジャーナリストで、07年度日本記者クラブ賞を受賞。カラシニコフが健在のうち(84歳の頃)に会いに行き、「カラシニコフ」という本を出版された(朝日新聞社、その後、続編も出版)。「アフリカ・レポート」(岩波新書)も実に興味深い。
 松本氏とは、彼が佐世保支局長の頃知り合い、私が衆議院議員の時に何度か食事を共にした仲である。

      松本仁一著「カラシニコフⅡ」
              (松本仁一著「カラシニコフⅡ」)

 カラシニコフ銃だけでなくすべての武器を輸出禁止にしたら、紛争やテロによる大量殺戮は半減するに違いない。兵器産業も儲けにならず武器製造から撤退するだろう。日本の「武器輸出三原則」は、国際社会においてもすぐれた原則である。

             韓国軍に提供された銃弾
              (韓国軍に提供された陸自の銃弾)

 安倍政権は、年明けにも「武器輸出三原則」を見直す方針だ。今回、南スーダンで陸自が韓国軍PKO部隊に銃弾を提供したのは「例外措置」と説明するが、なし崩しに武器輸出の既成事実をつくったのではないかとの疑いを捨てきれない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)