欧州連合と「東アジア共同体」

  このブログで、憲法第九条に関して「世界連邦」のことを書いたことがある。
 誤解を恐れずに言えば、欧州連合(EU)はその地域版とも言える。50年の仏・独の石炭・鉄鋼の共同管理に始まり、ローマ条約(58年)で経済共同体(EC)に発展し、現在の欧州統合体にたどり着いた。

          仏独の共同管理構想に使われた仏外務省の部屋
          (独仏・共同管理構想が提唱された仏外務省の時計の間)

 憲法条約が策定され、大統領・議会・司法裁判所を持ち、ユーロを共通通貨とする、これまでの「国家」概念を超える壮大な実験とも言える。外交・安全保障分野では、「共通の安全保障」を基本にして、お互いに「敵のいない」状況を作りだした。
 もちろん、「国家主権を失う」として各国の反発もあり、憲法条約の批准を否定したりして歩みはのろい。

          リスボン条約の調印07年12月
           (リスボン条約調印 07年)

 仮想敵を前提とする軍事同盟に替えて、「協調型の安全保障」の枠組みがアジアにも作れないのだろうか。
その萌芽形態として「ASEAN地域フォーラム(ARF)」がある。94年に発足し、ASEAN10か国プラス14か国であったが、現在は26か国プラスEUである。

 私が、最初に興味を抱いたのは、90年代末にマレーシアのマハティール首相が提唱した「東アジア経済会議(EAEG)」構想だった。「ルックイースト」(日本に見倣え)を唱え、徹底した反米主義者だった。94年、シンガポールのリークアンユー元首相らと共に「ASEAN地域フォーラム(ARF)」を結実させる。

         国連で演説するマハティール 03年
          (国連で演説するマハティール首相 03年)

 21世紀初頭、世界経済はグローバリゼーションと大規模な地域経済化という二つの流れが同時進行している。05年には「東アジア・サミット」が開かれ、「東アジア共同体」構想も提唱されている。同構想では13か国・20億人でEU人口の4倍の規模だ。

           ARF20-2
            (ARF20)

 もっとも、東アジア地域は民族・宗教・文化も多様で、欧州統合のように簡単にはいかない課題を抱えている。
だけど、ヒト・モノ・カネが容易に国境を越え、インターネットが世界を結び、「国家」という古い概念が崩れつつある現実を直視したい。軍事力に依らない「共通の安全保障」の環境が醸成されつつあるのではないだろうか。
 
           ARF20.jpg
            (ARF20 各国の首脳が勢ぞろい)

 ずいぶん大雑把な書き方をしたけど、今、安倍政権が執念を燃やす「秘密保護法」や「集団的自衛権」などは、冷戦型思考から抜け切れず、古色蒼然たる「古き日本」への回帰に過ぎない。世界と日本の近未来を想像できない哀れな思考だと言いたかったのだ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)