「特定秘密保護法」を考える

 明日から10月、本格的な秋の季節となりました。病後の身のゆえか、月日の経つのがとても速く感じられます。さて、今月最後のテーマは「特定秘密保護法」にします。

「特定秘密保護法案」――いかにも厳めしい名前で国民に馴染みがうすいが、米国の圧力もあって安倍政権が法案成立に必死である。政府によると、9万件を超えるパブリックコメントが寄せられ、約8割が反対であったらしい。

          治安維持法

 この法案をイメージするには、戦時中の「治安維持法」を思い浮かべればいい。社会主義運動を弾圧する目的で作られたが、日中戦争の勃発を機に特高警察などが市民生活を隅々まで監視して、国民の知る権利や報道の自由を奪いとっていった。

     特高警察
      (特高警察)

 この法案の系譜はおおよそ以下のとおりだ。
* 戦後、自衛隊初の戦争計画として65年に国会で暴露された「三矢研究」は、「軍機保護法」(1899年)や「国家総動員法」(1938年)を参考に作られた。
* 「日米防衛協力の指針」(ガイドライン)が初めて策定された(78年)のを機に、中曽根政権下で「国家秘密法案」が策定されたが、法曹界やメディアをはじめ国民の反対世論で廃案になった。
* 自衛隊の海外派兵(インド洋、イラク)が始まると、03年から04年にかけて陸自・情報保全隊による市民監視活動が全国的に行われた。
* 日米の軍事一体化が急進展する状況下の07年、「日米軍事情報包括保護協定」(略称:ジーソミア)が結ばれ、今回の「特定秘密保護法案」の導因となった。

特定秘密保護法とは 罰則はこう厳しくなる

 同法案の問題点について「天声人語」(9/18)が分かり易かったので、少し引用してみると――
 * 「重要な秘密は漏らしてはならない。ただし、どれが重要で、どれが重要でないか
 は重要な秘密である」と言われているようだ。
 * 漏洩は厳罰に処せられるのだが、書きぶりが抽象的かつ網羅的なので、なんでもか
 んでも秘密にされかねない怖さがある。
 * なにが特定秘密かを決めるのは「行政機関の長」だ。その判断が適切かどうかを見
 張る仕組みが法案にはない。
 * 民主主義を支えるのは情報公開である。それをないがしろにして法成立に走るなら、
「よらしむべし、知らしむべからず」ではないか。

          何のための秘密保全法か

 「国家秘密法案」を潰した時に比べて、今は、国会内の力関係も時代や世相も変わり、同法案を葬るのも簡単ではない。だけど、あきらめずにあらゆる地域から皆さんと一緒になって、反対世論を盛り上げていかなければと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

秘密保護法 反対
秘密保護法は弾圧立法
秘密保護法で日本が民主主義でなくなってしまう
秘密保護法は平成の治安維持法
秘密保護法の提出をやめましょう
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)