これ以上、地球を“核のゴミ”で汚すな!

  数日間の豪雨がやんだら、朝夕はめっきり秋の気配が漂いはじめた。

 ところで、今から40年ほど前、放射性廃棄物の海洋投棄に反対する運動に取り組んだ記憶がある。米国が戦後まもなく、高レベル放射性廃棄物をドラム缶に詰めコンクリート固化してカリフォルニア沖の海溝に投棄した。ところが、コンクリートが劣化して放射性廃棄物が漏れだし、直径1メートルもある巨大ヒトデが発見されて衝撃を与えたものだ。

     各国の海洋投棄
      (各国の海洋投棄)

 旧ソ連も日本海側に放射性廃棄物を投棄、英国も大西洋に投棄した。高レベル放射性廃棄物の海洋投棄が禁止される93年まで、日本も含め14か国が海洋投棄を続け、旧ソ連と英国が全体の87%を占めた。

    核ゴミの地層処分
     (高レベル放射性廃棄物の地層処分)

 海洋投棄が禁止されて以降、日本では高レベル放射性廃棄物を地下300メートル以上下に貯蔵する計画を立てたが、候補地はいまだに見つからない。
 同計画は、原子力発電環境整備機構(NUMO)が担っており、電力会社の拠出金で運営されている。

      ガラス固化体
       (高レベル放射性廃棄物)

 長崎県では、上五島や対馬が候補地に上がっている。上五島出身のM東大名誉教授が誘致のためのNPOを立ち上げ、住民たちに働きかけている。文献・環境調査を受け入れるだけで年間10億円が交付されるので、人口減少と財政危機にあえぐ自治体にとっては“魅力”だ。

   独・地下貯蔵施設
    (朝日新聞 2013年8月25日付)

 ところが、ドイツでは、高レベル放射性廃棄物を埋め込んだ地下750メートルの岩塩層に地下水が浸透してきて、再び廃棄物を地上に取り出すという前代未聞の作業が始まったという。日本でもNUMOの地層貯蔵計画は破たん同然だ。そもそも地震列島で地層処分など危険すぎて無理だったのだ。

    高レベル廃棄物の進捗状況

 “核のゴミ”の最終処分の方法や場所も未定なのに、電力会社や政治家・官僚たちは原発再稼働にひた走っている。プルトニウムの猛毒性は半減するのに数万年を要する。その間管理しなければならないが、1万年後に人類が生きているかどうかも分からない。

    s083[1]  s085[1]  s090[1]

 地球の誕生は約40億年前。生命は海で生まれ、陸に上がって様々な生物に進化していった。現生人類が現れたのは約20万年前と言われる。そのかけがえのない海を、たった半世紀の間に人類は核実験や核ゴミの投棄で汚染してしまったのだ。“神への冒涜”と言うほかない。

        クロマニヨン人
           (クロマニヨン人)

        躊躇せず、今こそ“脱原発”へ大きく舵を切ろう!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)