藤圭子の急死を悼む

  22日、あの藤圭子が突然亡くなった。マンションから飛び降り自殺らしい。

 藤圭子といえば、60年代末から70年代初めにかけて一世を風靡した、私たち団塊の世代にとって“マドンナ”だった。
 前川清との結婚式は、佐世保の俵町教会で行われ、多くのファンの祝福に包まれた時もあった。

      藤圭子

 平尾昌晃は、藤圭子の独特の才能を高く評価していて、自分が歌手から作曲家に転身するきっかけは「圭子の夢は夜ひらく」という曲だったと語っている。
 デビュー曲は「新宿の女」で、「圭子の夢は夜ひらく」が大ヒットとなった。哀愁に満ちた歌いっぷりは、演歌や艶歌でなく“怨歌”だと平尾は評価した。

      平尾昌晃
         
 また、娘・宇多田ヒカルのことを「うちの娘は私より上手」と自慢げに語っていたらしい。平尾は「人生の世渡りが不器用な人だった」「カラオケなどで昭和ブームが戻ってきたので、もう一度カムバックしてほしかった」と悔やんでいる。

 まるで流星のようにスーッと逝ってしまった。享年62歳。心よりご冥福を祈る、合掌。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)