夏休み~セミ・トンボ・カブト虫獲りが懐かしい♪

  夏休みも折り返し点を過ぎて、お盆が終わったら子供たちは夏休みの宿題に追われる。
今の子どもたちは、夏休みをどう過ごしているのだろうか?クラブ活動と塾通いそしてスマホで遊ぶのだろうか?

        クマゼミ
          (クマゼミ)

 私らが子どもの頃は、海や川、山をふんだんに駆け回ったものだ。少々危険な所でも、仕事で忙しい親はお構いなしだった。セミを獲るときは、細い竹竿を切ってきて「トリモチ」(ハマグリの殻に入っており、5円で買えた)を竿の先に塗り付けて、木にとまっているセミを狙うのだ。

    カブトムシ
      (カブト虫)

 カブト虫やクワガタなどが蜜を求めて寄ってくる木(クヌギ、カシ、クリ)を先輩たちから教えてもらい、手づかみで獲ったものだ。獲った獲物の入れ物は、父が身の回りの材料で器用に作ってくれた。昆虫の寿命は短いので、夏休み宿題用の「標本」となった。

     オニヤンマ
       (オニヤンマ)

 田平町(現・平戸市)には「昆虫自然園」がある。約3千種類の昆虫が生息しており、子どもたちに人気がある。

     田平昆虫館
        (田平町「昆虫自然園」)

 また、同町在住の昆虫写真家・栗林慧さんは「虫の眼」で見える風景を再現するとして、国内外で有名だ。

      栗林慧さん&バッタ
        (栗林慧さんと昆虫)

 都会の子どもたちは、カブト虫やクワガタはデパートで買うものと思い込んでおり、可愛そうだ。セミやトンボの主な種類も知らず、鳴き声で聞き分けることもできない。なにか切なく寂しい気がする。

         aug01_a01[1]

 子どもの頃をことさら懐かしく想うのも、年をとったせいだろうか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)