また、沖縄で米軍ヘリが墜落した!

  またか! 沖縄で米軍ヘリが山林に墜落した。
事故現場は米軍キャンプハンセン内の山林。空軍嘉手納基地所属の救難ヘリ(HH60)が訓練中に墜落・炎上したとみられる。

       米軍ヘリ墜落現場

 現場付近ではヘリが低空訓練をすることが多く、事故もちょくちょく起きていると我部政明・琉球大教授は指摘している。
 日本との面積比25倍という広大な土地を有する米国でならまだしも、この狭い沖縄でしかも住宅上空で低空訓練をすること自体に無理がある。

   全軍種でみた事故率

 例えば、イタリアでは、お昼寝タイム「リポーゾ」(夏場の13時~16時)の時は米軍機もエンジン・キーを切って静かにする(屋良朝博著「砂上の同盟」より)。ドイツでも、米軍基地に独国内法を適用するので、米軍の勝手気ままは許されない。

    沖縄国際大に米軍ヘリ墜落1
      (沖縄国際大に墜落した米軍ヘリ)

 事故のたびに米軍は、事故の原因究明と再発防止を口にするが、白々しい。
 沖縄国際大に米軍ヘリが墜落した時(04年)、米軍は墜落現場に日本警察の立ち入り調査すら許さなかったことは、まだ記憶に新しい。
 
 現代戦は、情報・IC・ミサイルなどが主で、「海兵隊で殴り込む」などというのは古い時代の発想だ。外国に基地を置くのもトラブルの元で、海上基地を想定した「シーベーシング戦略」を進めつつある。その場合、中継拠点はグアムとされている。(前記「砂上の同盟」に詳しい)

          防衛相に再発防止の要望書を手渡す仲井真沖縄知事
           (小野寺防衛相に再発防止の要望書を手渡す仲井真・沖縄県知事)

 在沖海兵隊は、ヘリと一緒にグアムもしくはハワイまで撤収しても戦略上なんら問題はなく、むしろ沖縄県民の犠牲半減で歓迎されること必定だ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)