長崎大水害から31年~自然の猛威は怖い

  きょうは、長崎大水害から31年目。私は、この大水害の4か月後に結婚したので、忘れられない出来事だった。

    naga16[1]

 ウィキペディアから引用すると――長崎市内では23日、夕食や帰宅時間帯に100mm前後の猛烈な雨が集中。長崎海洋気象台は厳重な警戒を呼びかけたものの、連日の警報に慣れた市民の多くは事前に対策を講じることなく、市民生活を完全に麻痺させた。

          pic025[1]
            (矢上町東公民館付近)

 また、斜面都市長崎の特性が災いし、「水害」の名とは裏腹に土砂災害による犠牲が溺死者を大きく上回ったのが長崎大水害の特徴で、長崎市内の死者・行方不明者299名のうち、およそ9割にあたる262名が土石流や崖崩れによるものであった。停電も重なって行政側も救援思うに任せず、被害は拡大していった。

          slide0010_image031[1]

 自然の猛威は本当に恐ろしい。長崎県は、大水害から30年目の昨年7月、「30年前を忘れない~長崎大水害の教訓を未来へ」と題するシンポジウムを開いた。
 
          長崎大水害・写真展
            (長崎新聞 13年7月19日付)

 今年も、長崎市役所などでは大水害の写真展示が始まり、川内町自治会は初めて防災訓練を行った。
 
          0722_1[1]
            (長崎新聞 13年7月22日付)
 
 ところで、話しはまったく別だけど、一週間前、旧知の新聞記者がフェイスブックで返答を待っていますとメールがきた。
 要領を得ぬまま返事を出して「登録」したら、なんと!連日、友達の友達はまた友達だといった調子で「友達リクエスト」が相次いだ。

 会ったこともない「お友達」が、まるでネズミ算式に増えていく…。毎日、どんな人物かをチェックしてコメントを書く、という新たな“仕事”が増えた。
 娘からは「顔も名前も同じ“成りすまし”がいるから、止めたがいいよ!」って怒られるし…。もう、知ら~ん(´_`。)グスン
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)