FC2ブログ
コンテントヘッダー

『三国志』がおもしろい

 私の好きな漫画は、『カムイ伝』だ。すでにかなり以前、書いた覚えがある。長期連載でファンを魅了してきたが、後半からは実弟の岡本鉄二による〝劇画〟となっている。三部作を予定していたが、第三部は未定で〝未完の大作〟となりそうだ。

   IMG_20190903_144117.jpg

 次に好きな漫画家は横山光輝で、とくに「水滸伝」から「史記」に至る中国ものが面白い。吉川英治の小説などをわかり易く脚色しているようだ。
 朝日新聞の「天声人語」(9/3付)が「三国志」について書いている。劉備や曹操などの人物評価が、日本と中国ではずいぶん違う。
 引用してみる(今夏、『三国志演義事典』を共同刊行した仙石知子さんによると)

   曹操
   (曹操)  

 *曹操(魏)は、あくらつな計略家のイメージが強いが、中国では改革者として評価が
高い。

   劉備玄徳
   (劉備玄徳)

 *劉備(蜀)は、情に厚い指導者かと思いきや、中国では「大事な局面でメソメソ泣く敗者」という声も珍しくない。
 *ところが、劉備を支えた武将・関羽は、日本でも高い人気を誇るが、中国では清代以降、国家の守護神としてあがめられ、関羽をまつる「関帝廟」が津々浦々にある。日本でも中国とゆかりの深い横浜や長崎には「関帝廟」がある。

   関羽
   (関羽)

 *NHK人形劇では、諸葛亮孔明は気に入った強者たちを数多く起用して、劉備の座を奪う準備をしていたというから、驚きだ。

   諸葛亮孔明
   (諸葛亮孔明)

 今、何かと日中間は友好関係が薄れているが、「三国志」は両国で世代を超えて広く愛さ
れてきた。
 中国では文芸や京劇、映画を通じて老若男女に浸透している。日本でも、吉川英治の小説、横山光輝の漫画、NHK人形劇で知られる。
 「三国志」から生まれ、両国で同じ意味をもつ故事成語も少なくない。「三顧の礼」「苦肉の策」「泣いて馬謖を斬る」など・・・。
 何といっても、英雄・豪傑など数え切れぬほど登場してきて、興味がつきない。

スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)