FC2ブログ
コンテントヘッダー

整備新幹線の建設続行は断念すべきときだ!

 前回の更新(7/23)からすでにひと月が経った。体調不良で更新できないと書いたのが7月9日(捕鯨問題)、その後、イージスアショア問題(7/19)、原発とテロ対策(7/23)と書いている。
 ところが、もっと厄介なトラブルが生じた。パソコンのハードディスクが完全に壊れて専門店で診てもらったら、「ハードディスクを入れ替えて初期化するので、これまでのデータ・資料はすべて復元できない」と言われた。
 今年に入って一度、バックアップ用のディスクに主要なデータを入れたつもりだったのに、実際は入ってなかったのだ。保存できているのは2013年までだ。
 さらに、初期化の際、これまでのWindows10からWindows8に変わっており、使い勝手がすこぶる悪い。
 梅雨入り前からこの2か月余り、まるで〝厄月〟だ。ブログをひと月も更新しないと読者は離れると言われるが、自分の頭の整理も兼ねて書き続けていくことにした。

 という訳で、今回は「整備新幹線」について少し書いておきたい。
 整備新幹線の建設は、高度成長末期の1973年に立てられた計画に基づいて進んだ。成算なきまま見切り発車したツケは、あまりに重い。

  山本幸三・与党検討委委員長 - コピー
  (検討委員会の結果を中村法道・長崎県知事に報告する山本幸三・与党検討委委員長)

 長崎新幹線(九州新幹線西九州ルート)はその典型と言ってよい。武雄温泉から先の長崎まで22年度の開業をめざし、フル規格で工事が進む。JR九州は当初、フリーゲージトレイン(FGT)の導入を検討したが開発が間に合わず、2017年に導入を断念した。
 佐賀県は、未着工の<新鳥栖―武雄温泉>の必要性そのものに疑問を投げかけてきた。全線フル規格での建設費は、FGTより4千億円も高い6200億円で、佐賀県の負担は660億円。在来線の特急が走る区間に巨費を投じることに疑問を投げかけてきたのだ。

  nagasaki201803-1[1] - コピー

 佐賀県知事は「中央が押し付けるようなやり方は、地方自治の観点からも大きな問題だ」と反発を強めており、フル規格を前提の協議には一切応じないと言い切っている。
  山口祥義・佐賀県知事 - コピー
  (山口祥義・佐賀県知事)

 建設計画からやがて半世紀。人口が減り高齢社会となったいま、優先すべき課題は医療や介護、子育て支援や老朽化したインフラへの対応に変わっている。
見通しの立たないまま巨額の費用を投じる必要が果たしてあるのか、白紙に戻していま一度精査し議論すべきではないか。
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)