FC2ブログ
コンテントヘッダー

あまりに杜撰な「イージスアショア」配備計画は止めるべきだ

 あまりにも杜撰きわまる「イージスアショア」(陸上配備型迎撃ミサイルシステム)の配備計画だ。
 防衛省は新屋演習場(秋田市)とむつみ演習場(山口県萩市)を配備候補地として、準備を進めたが、いくつかの問題が噴出して振り出しに戻った。

  large_180801_aegis_01[1]
  (イージスアショア)

 政府がイージスアショアの導入を決めたのは、北朝鮮による弾道ミサイルの発射が続くさなかの2017年12月。2基2404億円で米ロッキードマーチン社製を導入する。
 イージスアショアにはレーダーのほかイージスシステムが不可欠で、巨額のカネが米政府に転がり込む仕組みになっている。
 しかも、イージスシステムは価格、納期を米政府の都合で決める対外有償軍事援助(FMS)の枠組みで導入する。

  イージス秋田配備を巡る防衛省の検討結果19.6.18朝日
  (イージスアショア秋田配備を巡る防衛省の検討結果 19.6.18朝日新聞)

 配備先は、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)が東日本で唯一の適地だとした防衛省の報告書のデータに、複数の誤りが見つかった(秋田魁新報の指摘で発覚)。
 問題の報告書では、新屋演習場を含め、青森、秋田、山形の計20カ所で検討。平坦で面積1平方㌔メートル以上▽日本海側▽レーダーの障害物がない▽電力・水道・道路などのインフラ環境が存在▽住宅地などから700㍍離れているか、津波の影響――などの条件を検討し、新屋演習場以外のいずれの代替地も「不適」と評価していた。
 ところが、「不適」とした場所の近くにある山の高さに誤りがあったうえ、津波対策の必要性も認める事態に発展。「新屋ありき」の実態が露わになった。

  イージス配備計画と報告書の誤りの事例19.6.11朝日
  (イージス配備計画と報告書の誤りの事例 19.6.11朝日新聞)

 住民は、電磁波の影響、迎撃ミサイルのブースター落下の危険、有事の際に敵ミサイルの標的になる、との心配が絶えない。
 また、住民説明会で防衛省の職員が居眠りしていたことが、住民の不信を買った。

  20190610-00000002-ann-000-thumb[1]

 維持費などを含めて少なくとも4千億円以上という巨額の経費。搭載レーダーの開発が遅れ、性能確認や設置作業を含めると、運用は早くても25年度にずれ込む見通しだ。
 断続的に進む米朝会談の行方次第では、「イージスアショア」はまさしく〝無用の長物〟となるだろう。

スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)