FC2ブログ
コンテントヘッダー

故・山川暁夫さんのこと

  ふと、評論家の山川暁夫さんのことが頭に浮かんだ。
 元共産党の中執(青年・学生担当)だったが、路線の対立で離党している。その後、政治評論家として講演や執筆などで活躍し、人気を博した。
 僕が山川さんの名前を知ったのは月刊誌「現代の眼」(廃刊)への寄稿文だった。

   101220-04[1]

  彼によると、西暦で末尾が「9」のつく年は、〝歴史的事件〟が起こっていると言うのだ。
――1949年には中華人民共和国の誕生、59年日米安保闘争、69年「東大闘争」と世界的学生運動の高揚、79年イラン革命とソ連のアフガン侵攻、89年ベルリンの壁崩壊(冷戦終結)と天安門事件。
 21世紀に入ると、2009年民主党政権の誕生。……といった具合いだ。

  晩年に佐世保で講演された折、私の行きつけの居酒屋で二人っきりで約3時間ほど話しを聞かせていただいたことがある。
――高野孟氏や田原総一郎氏に対する批評は厳しかった。情報紙『インサイダー』を創刊して、後年、高野氏に引き継ぐのだが、「高野も田原もブルジョア主義に毒されてしまった、情けない奴らだ」。
 「権力から弾圧され続けた共産党は権力に対する警戒心がしっかりしていたが、社会党は権力に甘すぎた」。「君が米国大使館に行くことがあったら、出されたコーヒーなどに手をつけてはいかん。1週間後に不審死するような〝毒〟を盛られることがあるのだ」。

   カツオくん

――話しは一転して、マンガ「サザエさん」一家のことに移った。ポケットから四つ折りにしたハガキ大のセピア色の写真を取り出して曰く。「『サザエさん』一家のモデルはわが家だよ。これが姉のサザエ。弟のカツオは俺さ」。
作者の長谷川町子さんに「国民総白痴化のようなマンガを描いたらダメだよ」苦言を呈したそうだ。山川さんも長谷川さんも福岡の出身だ。驚いたなぁ。

   8311l[1]

  話し出したらとまらない。あらゆる情報・知識がキチン整理されて頭の中に収められている思いがした。
 2000年2月、心筋梗塞で帰らぬ人となった。(享年72歳)
 10年後、「山川暁夫=川端治さん没後10年のつどい」が開かれ、高野孟さんや長谷川慶太郎さんら約100人が集まったという。
 同年、「結婚を祝う会」(有田芳生氏?)には、上田耕一郎氏(故人)や吉岡吉典氏(故人)なども参列したらしい。

  山川氏が存命ならば、今の政治を理路整然とメッタギリにされたことだろう。
 さて、今年は末尾が「9」である。どのような歴史的事件が起こるのだろうか?

スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)