FC2ブログ
コンテントヘッダー

ワシントン条約締約国から指弾された象牙市場・日本

  日常生活に欠かすことのできない印鑑。実印・銀行印・認め印など、その材質も様々だ。
 特に、実印には「象牙」を使うことが多かったが、現在は厳禁だ。

  草原を歩くアフリカ象
  (草原を歩くアフリカ象)

 その理由は言うまでもない。象牙の取引は、ワシントン条約により1990年以降は原則禁止されているからだ。
 2016年の同条約締約国会議で、密猟や象牙の違法取引を助長する市場を閉鎖するよう勧告する決議が承認された。
 今年5月にスリランカで開かれる同条約締約国会議に向け、ケニアやナイジェリアなど9カ国が、各国に対し象牙の国内市場をすべて閉鎖するよう勧告する決議案を提出した。

  オランダ水牛
  (オランダ水牛)
  
  それに対し、日本は「国内市場は適切に管理され、密猟などを助長しておらず、閉鎖対象にならない」との立場だ。
 しかし、決議案は、日本の国内市場を「世界最大級の市場の一つ」と指摘し、中国への違法輸出の抜け穴になっていると批判。日本やEUなどを名指しし、「国内市場を有するすべての締約国はすぐに市場を閉鎖すべきだ」と主張している。
(以上、朝日新聞 2019年2月6日付より)

  personal_main_img[1]

  「印鑑」で検索すると、その材質も象牙・オランダ水牛・黒水牛など様々だ。
 実は私も、結婚記念として仲人さんから最高級の象牙をいただき、数万円かけて実印を作ったものだ。
 私は長女の結婚記念に、「オランダ水牛セット」(実印・銀行印。約8千円)を贈った。
 ちなみに、「オランダ水牛」との呼び名は印鑑専用で、オランダ産という訳ではなく、「陸牛」のこと。「黒水牛」と区別するための呼称らしい。象牙と違って、安定供給されているから禁止対象になっていないという。

  IMG_20190208_124635.jpg
  (私の実印)

  認め印の材質は通常「木材」。実印や銀行印だって人工細工で精巧に作ることはできるはずだ。〝動物愛護〟の観点から、象牙だけでなくすべての動物を取引禁止対象にしたらどうだろうか。
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)