FC2ブログ
コンテントヘッダー

手塚治虫の『火の鳥』ーー未完の「大地編」が小説となる

  手塚治虫の漫画『火の鳥』を知らない人はいないだろう。
 その幻の続編「大地編」を直木賞作家の桜庭一樹さんが小説化すると、朝日新聞に載っていた(1月24日付)。

  184[1]

 「火の鳥」は、時代や場所を変えながら、不死鳥である火の鳥とその力を追い求める人々を描く壮大な物語である。
 「火の鳥」の始まりは、1954年~55年の連載から67年に描き直した「黎明編」。その後、「未来編」などを経て現代に近づき、「鉄腕アトム」が誕生する2003年で完結の予定だったという。
 だが手塚は、7世紀と近未来を描く「太陽編」の連載を88年に終え、翌年に病気で死去。
 
  597fbc47-5a2b-4757-8c73-f644a19296d9[1]

 手塚が「大地編」と呼んだ構想原稿では、「序幕 タクラマカン砂漠の一角、果てしない荒野」と始まる。「第一幕」は1938年1月、日中戦争下の上海で、日本軍や財閥、各国関係者が集まったパーティーの場面だ。中国西方の「さまよえる湖」に火の鳥がいて、日本軍が利用しようとする計画が示唆される。

  20150620104837[1]

 桜庭さんの小説は、朝日新聞土曜別刷り「be」で4月6日から毎週連載される。桜庭さんは「『火の鳥』の名に恥じない大ロマンに。そして、つぎの時代に繋がる新しい物語に。全力で紡ぎたい」と話している。
            ――以上、朝日新聞(1月24日付)より要点を引用。

   E6898BE5A19AE6B2BB~1[1]

 昨年11月3日は手塚治虫の生誕90年。権力の腐敗、差別、平和の尊さ・・・私も、「黎明編」「未来編」などをむさぼり読んだものだ。
 60歳でこの世を去ったのが余りにも惜しまれる

スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)