FC2ブログ
コンテントヘッダー

外国人労働者問題と「出入国管理法改正」について考える~その①島原・加津佐での実例

 外国人労働者の受け入れを拡大するための「出入国管理法・改正案」の国会審議が始まった。
 外国人の人権保護や共生社会のあり方など重要な課題が多い。
 だけど、改正案には省令で定めるとされる事項が多い。外国人の在留資格として新たに設ける「特定技能」でも、受け入れる業種・分野はもちろん、「上限5年」とする在留期間も正式には省令で定めるという。
 これでは、日本のまともな将来像を議論することはできない。

 この問題は、2~3回に分けてレポートしたい。
 まず、長崎県内での「中国人実習生」問題について、報告しておきたい。この問題では、久保田達郎氏(連合長崎アドバイザー)の中心的役割とご苦労抜きに語れない。同氏が機関誌「ながさき自治研」(長崎県地方自治研究センター発行)のNo.47号に詳細なレポートより抜粋してみる。

   img813.jpg
   (久保田達郎氏・連合長崎アドバイザー)

――2007年7月から8月末にかけ、南島原市加津佐町の縫製会社で発生した中国人実習生(女性)17人の「労働相談」に対応した。
 交渉は困難を極めた。主たる原因は、会社との交渉というより中国人実習生の説得に数倍の労力を費やさなければならなかった点にある。私の常識が、彼女らには通用しない現実を知らされた。

ここで、この種「外国人研修制度」について、若干解説しておきたい。同制度は、1993年から本格的に適用されている。本来の趣旨は、日本の進歩的な技術を途上国へ伝えるとされている。期限は3年。1年目が研修、研修期間が経過すると、簡単な技能テストを行い、合格すれば(ほぼ全員が合格する)実習生となり、最長2年間同事業所での就労が認められる。正式な労働者である。日本の労働者と同等の待遇が(法の適用)求められる。

   島原半島観光マップ-1[1]

 いま、日本で働く外国人研修・実習生は約12万人と推定されているが、その殆どが中国人である。来日する中国人は、研修ではなく「出稼ぎ」である。
 そして、受け入れている日本の企業は(例えば本件の縫製業)中国人実習生を最賃以下の安価な賃金で働かせることで、「かろうじて」生き延びている。同時に、その低額な賃金も、中国人実習生にとっては、自国で得られる賃金よりはるかに高額という現実もある。

 本件を法律違反として摘発するのは簡単である。だが、摘発した結果どうなるのか。企業は莫大な未払い賃金の清算などで、倒産する以外にあるまい。それは、経営者のみならず、そこで働く日本人労働者の失職をも意味する。
 日本の労働者、労働組合として如何にあるべきか、グローバル化した今日、避けては通れない課題である。

   労働法令違反があった技能実習生受け入れ企業の事業場数
   (朝日新聞 2018.11.9付)

 外国人労働者からの相談には二重三重の「壁」が存在する。
 一つは、言葉の壁である。幸い今回は、島鉄タクシー労組元委員長夫人Nさん(台湾出身)に通訳を引き受けていただいた。
 もう一つの「壁」は、実習生との連絡である。「指定電話」は会社の寮の電話で、午後10時以降という「時間限定」である。携帯電話はもちろん厳禁。

 何かと不自由な中に彼女らと会うには、長崎から南島原(加津佐)まで車で約3時間要する。
 到着すると、会社の寮の近くで薄暗い車中で彼女ら二人から事情を聞くこととなった。
 彼女らは、1年目が時給300円、2年目、3年目が400円。残業は「内職」という名目で時給400円程度(毎月100時間を超える)。3度の食事は寮生の自炊。必要経費は実習生の割り勘(平均月に7000円程度)、寮費3500円は給料から天引き。そんなことを語ってくれた。

 日本と中国(あるいは韓国・北朝鮮)、「近くて遠い国」と言われる。歴史認識・靖国・拉致問題など「鋭い対立」が続いている。これら歴史的事実から目をそらしてはならない。
 だが当面、「外国人研修制度」という新たな問題に向き合ってみたい。これは労働問題であり、政治問題でもある。受け入れた日本の縫製業も不況産業の典型。難題である。「火中の栗」を拾うようなものだ。だが、逃げてはなるまい。密かにそう決意した。

                       (以下、次号に続く)
スポンサーサイト



コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)