FC2ブログ
DATE: 2018/08/31(金)   CATEGORY: 女性の地位
女性優位社会ーーボノボとベラウ共和国
  過日、朝日新聞でサルの記事が興味深かった。
「ボノボ」――チンパンジーと並んで人間に最も近い動物で、アフリカ・コンゴの熱帯雨林に生息し、絶滅危惧種に指定されている。熊本県宇城市の京大野生動物研究センターで4頭の飼育が始まったという。

    bonobos[1]

  チンパンジーはオス優位の群れを作るが、ボノボはメス優位の社会を築くらしい。
 また、繁殖目的でしか性行動をしないチンパンジーに対して、ボノボはメスが発情していないときも性行動をするなど、人間との共通点をいくつも持っている。
  さらに、人間をはじめ類人猿では暴力的な行動が見られるけど、ボノボは暴力が発生しそうな緊張状態を、性行動で緩和するという。

     キッタレンの人たちと交流団
     (キッタレンの人たちと交流団)

  ふと思い浮かんだのは、太平洋のベラウ共和国(パラオ諸島)のことだ。地球上で最後に残る「母系社会」と言われる。
 25年前の93年1月、原水禁九州ブロックの第九次ベラウ交流調査団(団長:慶田盛泰八、12人)の事務長として参加した。私の帰国報告(読売新聞、93年2月19日付)から抜粋してみる。

――ベラウ共和国(パラオ諸島)は、人口は約1万5千人。日本の委任統治領だったが、戦後、米国の信託統治領となる。
 80年7月、三度の投票の末に世界で初めて「非核憲法」を制定する。日本の憲法第九条を参考に起草された。

――私たちが交流したのは、ベラウの非核・独立を求める住民組織「キッタレン」の人々であった。日系二世のクニオ・ナカムラ大統領は「わが国に軍隊はなく、非核・平和こそ尊い」と率直に語った。(※翌94年10月、米国と「自由連合協定」を結んで独立する)

     ベラウ・キッタレンの女性たち
     (ベラウ・キッタレンの女性たち)

――ヤシの木が生い茂るトタン屋根の下で、交流したキッタレンのメンバーは全員女性で、男性は缶ビールを飲みながら交流の様子を周りで覗っている。女性優位の社会は、なんとなく落ち着きと平穏を感じて、楽しいひと時だったことをしみじみ思い出す。
 戦前・戦後の女性解放運動の指導者だった平塚らいてうの「原始、女性は太陽であった」という有名な言葉が重なる。

――頑なに「非核憲法」を守り抜くベラウの人々とは対照的に、憲法九条を無きものにしてアジア太平洋に新たな野心を抱く〝大国ニッポン〟の姿と、70年前の暗い歴史が重なって見える気がしてならない。

     トミー・レメンゲサウ・パラオ大統領
     (トミー・レメンゲサウ・パラオ大統領)

  奇しくも、ベラウのトミー・レメンゲザウ大統領が朝日新聞の「ひと」欄(2018年6月9日付)に載っていた。
――環境保護への誓約を求める制度「パラオ・プレッジ」を昨年12月に始めた。入国審査で旅行者に署名を求め、誓約を破ると最大100万ドル(約1億1千万円)の罰金だ。
 人口2万人(5千人ほど増えている)の国に年16万人の観光客が押し寄せ、サンゴ礁や魚が傷つけられるのを目の当たりにした。
 「夕食の分以上に(魚を)捕ってはダメだ。今日の富より明日のことを考えなさい」との父の教えが生かされている。
(※観光客の大半は日本人である。)

     平塚らいてう
     (平塚らいてう「元始、女性は太陽であった」)

  日本では今なお、女性天皇否定、女性議員は全体の数パーセント、土俵上は女人禁制等々、男性優位社会のままである。
 日本には大昔の卑弥呼に始まり、8人の女性天皇が存在していた。
 もうそろそろ、名実ともに「男女平等社会」へ転換していってはどうだろうか。
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 梟のつぶやき日記~今川正美のブログ. all rights reserved.