FC2ブログ

最新記事


カレンダー

08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


カテゴリ


プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)


夏休みの宿題と子どもの遊具

  夏の甲子園が始まった。今年で100回の記念すべき大会だ。この時期になると、子どもらは「夏休みの宿題」を始める。虫好きの子どもらは今も昔も変わらない。だけど、今でも大きな虫取り網を手に山の中に入り込んでセミやクワガタなどを追い求めているのだろうか?そんな姿を見たことがない。

 semi[1] - コピー   クワガタ - コピー

 オニヤンマ  アオスジアゲハ - コピー

 標本の作り方2  標本の作り方1

 私が子どもの頃は、虫取り網や鳥もち竿を手に、やぶ蚊に刺されながらセミ・トンボ・クワガタなどを捕ったものだった。親は仕事で忙しく「危ない所に行くな」なんて言いもしなかった。捕った昆虫を家に持ち帰り、殺虫剤で殺して腐らないようにアンモニア水などで保存。その後、大きな箱に昆虫をピン止めして名前を書き『昆虫標本』を作るのだ。昆虫図鑑は名前を調べる。(※「鳥もち」と言っても今の子どもらが知る由もない。駄菓子屋にハマグリの殻に入れて5円か10円で売ってあった。)『折り紙の水族館』もよく作った。魚や貝などを折り紙で作って、紙で作った水族館の中に吊るすのだ。
 20121129_kanoukyouko_17[1]  20130220take3[1]

 あの頃は、今に比べて子どものおもちゃなどは限られていたけど、いろんなものを工夫して作って楽しんだものだ。
 例えば、紙飛行機、竹トンボ、竹馬、手作り凧、独楽などいろいろあったね。何かと器用な父が教えてくれたのは「竹製の武者」や「潜水艦」。潜水艦はブリキ片とゴムを付けると、水中に潜る。また、不要な木材を使って滑車を付けて自動車みたいに作り、ブレーキも付けて道路を滑り降りて行く。道路を走る車は限られていたので危険はなかった。

  2_1_1a[1]

 一方、秋になると、スズムシの捕り方も教えてくれた。マッチ箱に焼いた味噌を入れて石垣に仕掛けて捕る。虫かごに一杯入れて小学校に持っていき、級友たちが奪い合ったものだ。
 今の子どもらは、カブトムシやクワガタなどはデパートなどに売ってあるものと思い、捕り方など全く知らないのではないだろうか。
 もっとも石垣もコンクリート製なので、スズムシなどがいるはずもないのだが。

 公民館祭りなどでは、お年寄りがこうした昔の遊具の作り方を教えている。そうしたお年寄りもめっきり減ったが、子どもたちにぜひ伝承していきたいものだと思う。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://blogumanome.blog.fc2.com/tb.php/422-84d35078

 | ホーム |  page top