南北首脳会談ーー朝鮮半島の平和と完全非核化を進めよ

 いま、朝鮮半島の「南北首脳会談」が大きな話題になっている。
 南北首脳会談はこれまで2000年(金正日vs金大中)と2007年(金正日vs廬武鉉)に行われているが、今回、北朝鮮のトップ(金正恩)が韓国を訪問してトップ(文在寅)に会うのは初めてである。

     金正恩&文在寅

 最大の焦点は「北朝鮮の非核化」だが、会談後の「板門店宣言」では「朝鮮半島の完全な非核化」という目標が宣言された。
 トランプ米大統領は「『朝鮮半島の完全な非核化』という目標を表明したことに、勇気づけられた」と歓迎表明した。
 ただし米政府は、過去の失敗を踏まえて完全な非核化の実現にあたり、北朝鮮の核兵器の「『完全』かつ『検証可能』で『不可逆的』な放棄」という三つの条件を突き付けている。

 北朝鮮がすでに保有している核兵器や弾道ミサイルを放棄するとは放棄するとは思えない。
 何よりも、核兵器の放棄など武装解除された後国家を潰された「リビア方式」を最も恐れているからだ。
 北朝鮮が求めるのは、「(朝鮮戦争)停戦協定」(1953年)を「平和協定」に変えて体制を保障することにある。
 この度、核実験場の解体や核実験・弾道ミサイル発射を中止したのは、「核兵器の保有」が完成し、経済に政策の重点を移したとの見方が有力だ。

       トランプ大統領

 トランプ米大統領は、数週間以内に初めての「米朝会談」を行うと公表した。
板門店宣言は、「平和協定」に転換するため、米国と南北朝鮮の3者か、中国を加えた4者会談の開催を進めるとした。

 私が思い起こすのは衆議院議員になった直後の8月、社民党の土井たか子党首(当時)に随行して青瓦台を訪れて、金大中大統領と土井党首の会談に同席した時のことだ。
 同年6月に初めて「南北首脳会談」が開かれて、メディアは金正日・党総書記の言動に大きな関心を持っていた。

     金大中&土井党首

 土井党首が金大中氏に「金正日氏は『在韓米軍は撤退せよ』と言っていたはずだが」と問うと、金正日氏は「それは国内向けであり、在韓米軍は朝鮮統一後は『平和維持軍』に役割変更して存在すれば良い」と答え、金大中氏は「金正日氏は実に聡明な人物だ」と評したという。
       金正日&金大中

 今回の「南北首脳会談」に際して、中国は在韓米軍の撤退を強く求めている。
 これまで北朝鮮の核開発を巡っては「六者協議」が過去6回開かれたが、2007年以来開かれていない。北朝鮮の核能力が向上し、中国は外洋進出など軍備増強著しく米国との関係も協調から緊張に転じている。
 船橋洋一氏が06年に六者協議を詳細に著した「ザ・ペニンシュラ・クェスチョン」からすでに12年経過して、状況は大きく変化した。

 本来、米朝間の仲介役を果たす立場にあったはずの日本は、北朝鮮への「圧力」と「拉致問題」を繰り返すばかりで、いまや完全に〝蚊帳の外〟に取り残されたのが情けない。
 いずれにしても、せっかく開かれた「南北首脳会談」と「板門店宣言」を活かして、朝鮮半島の平和と非核化に向けて前進してほしいと願う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)