FC2ブログ
コンテントヘッダー

〝初孫〟と迎えた「節分の日」

  「節分の日」。初めて、先月生まれたばかりの孫と迎えることができた。格別の喜びでいっぱいだ。
 本当は、先月、初孫誕生のことを書きたかったのだけど、ママとなった長女がブログやフェイスブックなどに写真を載せたり書いたりしないでと注文をつけた。ネット情報は便利だけどリスクもあるので、要注意だと言う。

     EPSON324.jpg
     (28年前。左端が長女)

 生まれたのはとても元気な女児で、安産だった。パパとなった娘の連れ合いは、買ったばかりのビデオカメラで出産の様子を丹念に撮っていた。
 長女が生まれた時、私は出勤中で出産に立ち会えず、ビデオカメラも持ってなかったので一眼レフカメラで撮ったものだ。
 夫の実家にとっても〝初孫〟で、とても喜んでおられた。

     83年7月、史子の百日祝い
     (1983年7月。百日祝いで祖父に抱かれた長女。)

 亡父が、「〝内孫〟で最初の子だ」と言って、その可愛がりようといったら格別だった。(「外孫」は4人)
その長女が、初めて赤ちゃんを産んだのだから、この上ない感動を覚える。「古稀」となって晴れて「オジジ」と呼ばれる身分となった。
 
 私が大病で入院した時、生存率は5割と言われながら無事に退院して現在があるのは、妻や子どもらの支えと同時に自らの覚悟だった。
 「孫に会うこともなく、この世を去りたくない!」という一心で頑張れたように思う。

       千佳ちゃん、わが家へ1.20
       (初孫を抱く私)

 娘と孫は今月中旬まではわが家で過ごした後、自分のアパート(車で約10分)に戻る予定だ。
 毎朝、孫の可愛い顔を見るだけで楽しい。
 これから、お宮参りや百日祝い、おひな祭り(節句は来年)などお祝い事が続く。
 やがて、首もすわり、這い這いを始めて、立つようになるまで1年も要しないだろう。

  ❝這えば立て 立てば歩め の親心❞

 大きな怪我や病気をすることなく、元気に成長して欲しいと心より願う。
スポンサーサイト
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)