弾薬庫の移転・新設は認められない!

  佐世保基地の2回目は、弾薬庫について説明したい。
 佐世保には、前畑地区と針尾地区に二つの弾薬施設がある。

     前畑弾薬庫
      (前畑弾薬庫 パゴダ様式の屋根付き。22棟)
     前畑・トンネル式弾薬庫
      (前畑弾薬庫 トンネル形式。12棟)

 前畑弾薬庫(正式名称:佐世保弾薬補給所)は、明治時代(1888年)に作られ、戦前は旧日本海軍が整備して使用していた。終戦後(45年)米軍が接収(略奪)して現在まで使っている。

    前畑弾薬庫2
      (前畑弾薬庫の航空写真)

 弾薬庫の後背地は、新興住宅地域として開発が進み、学校・保育所など公共施設も整備されて、弾薬庫から近接60mしかない危険な状態となった。

         佐世保基地・弾薬部長
        (93年3月23日NBC放送 お金がないので日本が負担してと語る弾薬部長)

 米海軍も、弾薬管理の不都合などから、独自調査により「針尾弾薬庫への移転・集約」の検討を完了(88年)。NBC(93年3月23日)や長崎新聞(93年5月2日)がそのことを報道した。

 湾岸戦争の時(91年)は、同弾薬庫から大量の弾薬が輸送船に運び出され、私も監視に行ったものだ。
 また、99年以来、大分県日出生台での海兵隊実弾砲撃演習の際には、両弾薬庫から155ミリりゅう弾砲などが同演習場まで高速道路経由で陸送されている。

   弾薬庫の米軍資料
     (左・前畑弾薬庫 右・針尾弾薬庫)

 93年6月、社会党の国会議員団(団長:上原康助)が同弾薬庫を視察した折、私も同行した。米軍の説明によると、前畑と針尾合わせて約2千種類・4万4千トンの弾薬を貯蔵している(上図を参照)。

 95年、阪神・淡路大震災が発生、弾薬庫内で米兵が銃自殺する事件まで起きて、住民による弾薬庫返還運動が始まる。

   針尾弾薬庫

 一方、針尾弾薬庫(正式名称:針尾島弾薬集積所)は、野積式の弾薬庫で使い勝手が悪く、米海軍は大型船舶が接岸できる岸壁まで備えた近代的弾薬庫を求めた。他人の湾を勝手に埋め立てて新設備をつくり、費用(約1千億円)は他人の懐(思いやり予算)をあてにするなどという事が許されていいはずがない。

          針尾弾薬庫の新計画
            (合意された針尾弾薬庫新計画)

 結局、07年6月、日米両政府は米海軍の思惑通りの計画で基本合意した。しかも、前畑弾薬庫の返還が実現するのは、米軍住宅の不足(約400戸)が解消されてからというから、ふざけた話しだ。

      前畑弾薬庫の火事
         (燃え盛る前畑弾薬庫内の作業所 2006年10月21日)

 その前年には、前畑弾薬庫内で木工作業所が全焼する火災事故が発生した。隣接する爆弾の加工作業場に延焼していれば、大惨事となるところだった。
 ところが、米海軍は、市役所へ連絡もせず、協定に基づく市消防局の応援出動も拒否したのだ。いったいどういう神経なのか呆れ果てる。

 財政難で国防費削減中の米国が、総費用・自己負担だったら、こんな贅沢な弾薬庫移転・新設など及びもつかないだろう。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)