民進・前原代表の〝本心〟は?

  衆院選の公示まであと11日。ここ数日、小池新党(『希望の党』)ブームが永田町を席捲する中、民進党の同党への「合流」話と代表・前原誠司氏の挙動に関心が高まっている。 
 28日、衆院解散の午後に開かれた民進党の両院議員総会で、前原誠司代表は「もう一度政権交代を果たすため、名を捨てて実を取る、その決断をご理解いただきたい」と述べた。

       22050195_1343057792507082_3508984652982739814_n[1]
       (民進党の両院議員総会に臨む前原代表)

 ――以下、SNSの「前原氏の〝本心〟とは」という論考を抜粋引用してみると、
 前原氏の提案」は以下の3点だ。① 今回の総選挙における民進党の公認内定は取り消す。② 民進党の立候補予定者は「希望の党」に公認を申請することとし、「希望の党」との交渉及び当分の間の党務については代表に一任する。③ 民進党は今回の総選挙に候補を擁立せず「希望の党」を全力で支援する。
 リベラル派議員から若干の質問はあったが、全員一致で同提案を了承した。すなわち党所属の衆議院議員は全員が離党して「希望の党」に公認申請するが、参議院はそのままにするということ。「民進党」の党名は残ることになった。

       img772 - コピー

 これはかつて新進党が結成された際に、公明党が用いた手段と同じである。公明党は1994年12月の新進党結党に参加したが、1992年の参院選当選組と地方議員で「公明」を結成。参議院では新進党と統一会派を組む戦法をとった。この「公明」は1997年12月に新進党が崩壊した時、旧公明党の議員の受け皿となった。

    e8932f3b68097d9d23d1393cd845f574[1]
              blog_import_52edde0d788bf[1]

 また「希望の党」は入党希望者全員を受け入れるわけではなく、は拒否される」との話も出ている。「希望の党」の小池代表は「ひとりひとりを見て、(入党させるかどうか)自分が決める」と述べたが、その数は約30人と言われる。菅直人元首相、辻元清美衆議院議員、赤松広隆元農水相をはじめ、いずれもリベラル的な傾向が強い。
 ただ、「希望の党」に入れてもらえず無所属で立候補したからといって、不利になるとは限らない。共産党が応援する可能性が残っているからだ。また枝野幸男元官房長官や長妻昭元厚労相などは、もともと選挙に強い。
    
   668d19b61afbcd4151d646d81e2ad382[1]
                      志位和夫 鼻[1]

 さらに「希望の党」がリベラルな議員の参加を拒否するのなら、衆院選挙の後で予定されている参議院の合流にも混乱が予想される。そもそも結成間もない同党には参院議員はいない。
前原氏がこうした意図を持って参院議員の新党入りを衆院選後に延ばしたのならば、なかなかの策士といえるだろう。その背後には小沢一郎・自由党党首が控え、知恵者で知られる平野貞夫・元参議院議員が付いている可能性が高い。衆院選後を睨んだ攻防は、すでに始まっている。
                                          ーー以上。                                                    
       news49[1]

 ところで、一方の小池・希望の党代表の狙いは何か?おそらく、民進の持っているカネ(政党交付金約100億円)と全国の組織網と候補者数だろう。「希望の党」への入党には供託金など〝持参金〟付きで総額50億円程度と推測される。候補者数は約200人ほどで過半数に及ばず、残された期間にはそれが限度だ。
 また、小池代表の出馬が話題になっている。本人は都政に専念し、オリンピック・パラリンピックを迎えるのだと言う。果たして残る10日間で変心することはないのか?機を見るに敏な小池氏のことだから、出馬の可能性は捨てきれない。

       evt16070408070004-m1[1]

 今日は、朝日新聞から県内情勢に関する取材を受けた。また、宮島だいすけ氏(4区)の強力な支援者であり、親交のある光武元市長からは闘いのメールが届いた。2、3区には残念ながら自民現職に対抗しうる候補者がいない。1区では、高木義明前議員の後継候補として西岡秀子氏(故・西岡武夫・参院議長の長女)が立候補している。4区の宮島だいすけ氏と共に、自民現職を打ちのめし復活当選も阻む闘いにしたいものだ。
目指すは〝安倍政権打倒〟である!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)