FC2ブログ
DATE: 2017/09/11(月)   CATEGORY: 戦争と平和
9.11米国テロ事件から16年ーー米国に加担した日本政府はしっかり検証すべし。
 「9.11米国テロ事件」からきょうで16年となる。僕が衆議院議員になって翌年の出来事で忘れられない。
 ブッシュ米大統領は「テロとの戦いだ!」と叫んでアフガン戦争に突入したが、16年後の現在も事態は改善せず過去最長の戦争となっている。

     WTCに突っ込む2機目

 それから2年後、「独裁者フセインを倒す!」と叫んで始めたイラク戦争だったが、こちらも事態はいっこうに安定していない。開戦の理由とした「大量破壊兵器」は見つからず、戦争の不当性が明白となった。
 この戦争に加担した英国では、「戦争は間違っていた」と言明してブレア首相は辞任した。
     
     燃料補給する「ときわ」
     (インド洋上の補給艦「ときわ」)         
             P1100812_R_国際平和協力活動等(及び防衛協力等)_25[1]
              (イラク・サマワの陸自)

 日本は、アフガン・イラク戦争に関わり、海自のインド洋派遣や陸自のサマワ派遣で米国に加担したが、その検証すら行われていない。
 自公政権に代わる新政権が出来たときは、この総括・検証をしっかりやって国際社会に示すべきだろう。

     イラク小児病院
     (イラク小児病院を訪れた筆者)
         スーザン・リンダウアー
         (スーザン・リンダウアー女史と一緒に)

 余談になるが、7、8年前、米国のスーザン女史が長崎に見えた時、「9.11米国テロ事件は自作自演の〝謀略〟だ」と話されたのには驚いた。当時、ブッシュ政権の中枢にいた従弟が「テロの予兆」を進言したが、受け付けなかったという。

(※「9.11米国テロ事件」については、13年8月21日付も参照ください)
スポンサーサイト

コメントの投稿

 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 梟のつぶやき日記~今川正美のブログ. all rights reserved.