熱帯林の伐採と環境破壊を憂える

  熱帯林の伐採と輸入国・日本。ずいぶん以前から、インドネシアやアマゾンなどの実態を環境保護団体などが厳しく批判してきた。
 先日(7/8)の朝日新聞「ひと」欄で、熱帯林の保護を建材消費国で訴えるパプアニューギニア人のポール・パボロさんが載っていた。

     17.7.8朝日・熱帯林の保護を訴える
     (朝日新聞 7月8日付)

――東京五輪を控えた都心で相次ぐ高層ビル建設が、母国パプアニューギニアでの熱帯原生林の伐採につながって見えた。切り出された原木は主に合板に加工され、ビルの建設現場で使われるからだ。
――伐採が止まったのは昨年秋のこと。すでに6年で約40万本が切り出されていた。故郷の森を守っても、国全体の原木の輸出は減らない。主な輸出先は日本から中国に代わったが、加工品の大消費地は日本だ。

    カラジャス鉄鉱山
     (カラジャス鉄鉱山)
           スマトラ島1
           (スマトラ島。生物絶滅の危機)

     ベロモンテ水力発電ダム建設に反対するインディオ
     (ベロモンテ水力発電ダム建設に反対するインディオ)

 アマゾンの実態について、特定非営利活動法人「熱帯森林保護団体(RFJ)」などのレポートより引用してみる。
――アマゾンは『生物の宝庫』といわれるように、地球上の生物遺伝子資源の約半分が生息し、全体の2%しか生物種は明らかにされておらず、残りの98%は未だ眠ったままであるといわれる。

     039_map[1]

――アマゾンの熱帯雨林は、生態系の見事なバランス――密集した樹林自体が風雨を防ぎ、土壌は微生物によって葉や枝、虫などが分解され栄養素の循環が行われる。――によって表土の流出が行われない仕組みになっているが、このような閉鎖系のシステムは一度、その鎖が壊れると、急速なスピードで表土が流され病気にかかり、死んでしまう。
 森林伐採によりいったん流れた表土は再び元の姿に戻るためには100年ほどの歳月を要する。

     アマゾン1

――有史以前より気象変動が皆無であったアマゾンの熱帯林もここ数年、乾季に雨が降り、雨期に雨が降らない日が続き、世界的な異常気象変動の影響を受けている。
熱帯林の破壊は、世界の気候にも影響をもたらす。
森林による保水効果の減少、アルベド(反射光)の増加、森林焼却の際に空気中に放出される二酸化炭素・・・
 
――こうした現象はすべて、大気の流れや熱帯地域から遠く離れた場所の降雨量を変える結果をも生み出している。
 また、アマゾンにおいての生物種の絶滅は、これから発見されるかもしれない医薬品の可能性をも奪っている。

     森林面積変化率
     (森林面積変化率)

  こうした森林破壊の原因は、都市化に伴う開発、人口増と生活様式の変化による開発、森林火災など様々だが、やはり開発に係る企業のあり方や木材の大量消費地こそ問題にしなければならないだろう。

(※この問題については、昨年5月29日、「消える熱帯林と木材輸入大国・日本」と題して書いています。)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)