都議選で自民党〝歴史的惨敗〟ーー安倍〝改憲〟の行方

  「安倍一強」の足元が大きく揺らぎ始めた。
 東京都議選の結果のことだ。小池都知事率いる都民ファーストが55議席という大躍進を遂げたのに比べて、自民党は57議席から過去最低(38議席)を大きく下回る23議席で都議会第二党に転落した。
 都議選は、一地方選挙と違って国政に与える影響も大きい。

     20170704_5_1[1]

  主な敗因は言うまでもない。――森友・加計学園に安倍首相と昭恵夫人が深く関与した問題。下村博文・自民都連会長の加計関係者からの闇献金疑惑。加計疑惑の〝実行犯〟萩生田光一・官房副長官。首相が重用した稲田朋美・防衛相の「都議選で自衛隊の支援」発言。豊田真由子議員の秘書に暴行と罵詈雑言など枚挙にいとまがない。

  img835 - コピー

        img804 - コピー

  ある閣僚経験者は語る、「安倍首相のメチャクチャな政権運営のツケが一気にきた」。
 ――「集団的自衛権の行使」の閣議決定、「安保法制」の採決強行、「共謀罪」の審議打ち切り・本会議採決(「中間報告」)。
 都議選直前の世論調査では、安倍政権の支持率が急激に下落、不支持が上回った。

     内閣支持率

  永田町では「THIS IS 敗因」が大ウケしているという。「Tは豊田、Hは萩生田、Iは稲田、Sは下村」が自民惨敗の〝戦犯〟いうわけだ(閣僚経験者)。
  だったら、〝1強〟にあぐらをかき独善的な政局運営を突き進めて、国民の不信・不満をかった安倍首相の〝A〟を入れるべきだろう。

     IMG_20170617_140257.jpg

  党内からも批判が噴出し始めた。「都民ファーストが勝ったというより自民が負けた」(石破茂・前地方創生相)。「自民党の自滅。おごりや危機管理に問題があった」(柴山昌彦・首相補佐官)。
  とくに、異論を封じられてきた8回生以上のベテラン中心に不満が爆発しているらしい。10年前に健康問題で辞任した雰囲気に似てきた、と評する者もいる。

     参院本会議

  これで、野党が求める衆院予算委の閉会中審査と臨時国会の早期開会は不可避の状況だ。なかでも、前川喜平・前文科省事務次官を証人喚問して、安倍・菅らのウソを国民の前に晒すべきだ。
  だが、肝心の民進党が心もとない。都議選「議席ゼロ」で連舫代表交代とも囁かれたが、なんとか5議席を確保する低迷ぶりだ。

  安倍首相ら官邸は、今月下旬にも内閣改造人事を急ぎ「人心一新」を図る算段のようだが、「人事は両刃の剣」とも言われ改造断行が裏目にでないとも限らない。

     17.6.23朝日・ササッとつくってカンタン
     (朝日新聞 6月23日付)

  いずれにしても、安倍首相の最優先課題は憲法改正で、来年の通常国会で改憲発議、秋の改憲・国民投票という戦略は崩れつつある。
  一方、小池都知事は、「都民ファースト」を「国民ファースト」に格上げして次期衆院選に殴り込むとの話しを否定していない。
 小池新党を軸にした野党再編などまっぴらだ。政治思想は安倍と小池はほぼ同じだ。
 安倍首相の常套句「築城3年落城1日」となるのか、目が離せない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)