将棋界の新星・藤井聡太と私の囲碁歴

  いやー、恐れ入った!まさしく〝天才棋士〟だ。
 デビュー後28連勝、14歳の金字塔。将棋界に彗星のように現れた中学生棋士で、いま話題沸騰の藤井聡太4段のことだ。

     IMG_20170622_061830.jpg
     (朝日新聞 6月22日付)

 対局後のインタビューなどでの応対も実に冷静で、大人の風格さえ感じさせる。
 将棋を覚えて10年に満たない少年がどこまで記録を塗り替えるか。来週の対局で勝つと、前人未到の「29連勝」となる。
師匠の杉本7段は「とにかくセンスが素晴らしい。タイトル獲得の最年少記録も十分狙える」と期待を込めている。

IMG_20170623_135431.jpg
     (井山裕太・6冠)

 将棋界に比べて囲碁界は、井山裕太・棋聖が6冠(本因坊・王座・天元・碁聖・十段)を独占し、高尾紳路・名人から奪取を狙う勢いだ。若手では一力遼、伊田篤史、村川大介らがいるけど、ビッグタイトルにはほど遠い。
 女流では、謝依旻のタイトル独占に若き藤沢里菜が挑んで女流名人と女流本因坊を奪取して、〝謝・藤沢時代〟となっている。

     syaimin.jpg
     (謝依旻・女流3冠)
          藤沢里菜
          (藤沢里菜・女流2冠)

 私が囲碁を覚えた頃は「加藤本因坊・劔正」の時代だった。木谷實門下の石田芳夫、武宮正樹と共に「木谷三羽烏」と呼ばれ、本因坊・十段・天元・王座・鶴聖の5冠を独占して、〝殺し屋・加藤〟とも呼ばれた。福岡出身で私と同じ年でもあり、大好きな棋士だったが、2004年に日本棋院理事長に就任、同年、脳梗塞で倒れて帰らぬ人となった(享年57歳)。

     kato.jpg
     (加藤正夫・元本因坊)

 大病前は、日本棋院の「幽玄の間」で毎夜焼酎を飲みながら、対局と会話を楽しんだものだった。最近は、禁酒中でもあり打つ意欲が萎えて、もっぱらプロの対局を観るだけだ。棋力も2段からまったく上がる気配はない。
 日本棋院といえば、新理事長に高校同期の秀才・團宏明氏が就任した。

 最近、私の周りで知人が「認知症」に襲われている。脳の働きを維持するうえで、囲碁を楽しむのは妙薬かも知れない。
 焼酎抜きで打ってみるとするか!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)