「共謀罪」法の〝奇略〟的採決は許せない!

  こんなひどい国会が許されていいはずがない。
 いわゆる「共謀罪」法案を巡って、政府は参議院法務委員会での審議を打ち切り、採決を省略して本会議採決を行う「中間報告」 という奇略で、15日午前中に採決を強行してしまった。

     img391 - コピー
     (参議院本会議)

 安倍首相をはじめ政府は、同法案を「丁寧に分かり易く説明する」と約束していたはずだ。
 しかし、実際は法務大臣と官僚の答弁が食い違ったり、「一般の人は該当しない」と繰り返すのみだった。

     17.6.16朝日・かまわん、ぶっ飛ばせ!
     (朝日新聞 6/16付)

 〝一強〟と言われる安倍政権だが、「森友問題」に続いて「加計問題」まで噴出した。元官僚の具体的な告発(「総理の意向」文  書)に続いて現職官僚も内部告発し始めた。
 菅官房長官らは「怪文書」だと言い逃れ、元官僚のプライベート攻撃(読売新聞など)をする有様だ。

     IMG_20170616_060319.jpg
     (朝日新聞 6/16付)

 歯止めがあいまいな「共謀罪」は警察の強力な武器になる。これで終わらず、通信傍受などの捜査手法の拡大が待っている。  (ジャーナリスト・青木理氏)
 一連の審議で気になったのが、野党の追及の矛先が法相の発言ぶりに集中し、法案の危険性をあぶり出す本質的なやりとりに 欠けたことだ。(ジャーナリスト・田原総一朗氏)
 こんな状況でも採決できるのは、「監視の対象は犯罪者だけ」「自分たちは関係ない」という国民も多くいたからだろう。監視の対 象にならないように国民が「気をつけて」しまう、政府が理想とする「やりやすい」社会に近づいている。(弁護士・亀石倫子氏)

     IMG_20170616_140541.jpg
     (読売新聞 6/16付。「テロ準備罪法」と呼称したのは読売のみ)

 闘いは〝第二ラウンド〟だ。特定秘密保護法、安保法制、そして共謀罪などの悪法を潰すために、野党はもとより国民世論を大 きく広げていこう!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)