国鉄の分割・民営化から30年を検証する。

 国鉄の分割・民営化から4月1日で30年である。
以来、JR採用差別反対・職場復帰闘争は2010年の民主党政権下での合意まで約23年間続いた。

     210401[1]

 国労は「闘争団」を結成し、地区労、社民党は「国鉄闘争共闘会議」を結成して、街頭宣伝や座り込み、物販活動などを行った。
2000年、私が国会議員になった時、北海道の闘争団から涙のにじんだ手紙を何度ももらったものだ。

     hqdefault[1]

 分割・民営化以降、国労は内部抗争・分裂・が続き約20万人が脱退して、現在約9000人にまで激減した。
書きたいこと、書いておくべきことは数多くある。今回は『昭和解体 国鉄の分割・民営化30年目の真実』(講談社)の著者・牧久氏の解説から引用してみる。

       img_0c2e53357671bf6207aef2ba4a99395a134537[1]

――1987(昭和62)年3月31日。日本国有鉄道は明治5年に新橋―横浜を繋いだ本邦初の官営鉄道以来、115年の歴史に幕を閉じた。
膨大な累積赤字や労使関係の歪み、現場モラルの低下等、<病める巨象>。それは、「明治維新」にも似た昭和の「国鉄維新」であったのかも知れない。

――累積赤字が表面化し、国鉄が5万人の合理化策を打ち出した1967年以降、労使関係は迷走する。
組合側が獲得した<現場協議制度>が労使の力関係をおかしくし、国鉄崩壊の引き金となった。全国50万人を束ねる国労・動労を相手に、磯崎叡(さとし)総裁は<生産性向上運動>を掲げて失敗し、以降、組合潰しと分割・民営化が同義語になっていく。

――現場協議制度をねじ込んだ細井宗一は、戦時中、田中角栄の上官で〝肝胆相照らす仲〟だった。国労のドン・富塚三夫(のち総評事務局長)は社会党系、細井は共産系だが、固い友情で結ばれていた。
 一方、分割・民営化を国鉄キャリアとして内側から支え、運輸族・三塚博の下で暗躍した三人組は、井手正敬、松田昌士、葛西敬之の3氏を指す。

       6aecf767[1]
  
――中曽根康弘元首相は、第二次臨時行政調査会(土光敏夫会長)を発足させ、〈国鉄を分割・民営化すれば、一企業一組合の原則の中で、全国一本の各組合も分断され、総評・社会党を支えてきた闘争至上主義の国労を解体に追い込める〉との筋書きを描いたのだった。

――国鉄改革の是非については、歴史の評価を待つしかないが、私にはあの時代が懐かしい。ギラギラとした人間臭さが失われた結果が、今の1億総体制化でありトランプ現象だ。中曽根氏みたいな怖い政治家はいなくなり、戦後70年と言っても昭和と平成は別の時代なんだ。

――半藤一利さんによれば、歴史の転換点は40年周期で訪れる。だとすれば今後10年間で何が起きてもおかしくない。借金や労使問題で自ら崩れた国鉄を書くことで、あの時、自分も含めて何を失ったかを総括したかったのかもしれない。
(【プロフィール】まき・ひさし/1941年大分県生まれ。早稲田大学第一政治経済学部政治学科卒業後、日本経済新聞社入社。社会部記者、ベトナム特派員、社会部長、労務担当常務等を経て代表取締役副社長。テレビ大阪会長、日経顧問を経て現在は同社客員。)

     整備新幹線の状況

 さて、30年後の現在、JRの現状はどうであろうか。
全国的に「不採算の路線」は廃止されて、第三セクターやバスに切り替えられた。駅の無人化なども進み、お年寄りや高校生が苦労している。
 とくに、JR北海道は全路線の約半分にあたる10路線13区間は「単独で維持できない」と発表した。苦境のJRは自治体に支援を求めるが、財政難に喘ぐ自治体にその余裕はない。

     三セク列車

 佐世保では松浦鉄道(MR)が運行しているが、青息吐息の状態だ。このような状況下、赤字覚悟で新幹線を地方にもってくるとは、その神経を疑う。
〝アベノミクス〟を追い風に、巨大公共事業が息を吹き返してきた。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)