「骨髄移植」から5年、単調な生活にも慣れました。

 今月は私にとって格別の意味がある。――リスクの大きな「骨髄移植」からちょうど5年を経過した。担当医の説明によると「一つの峠を越えて、再発リスクが低下する」という。
 この10年ほどの間に、多くの友人がガンで他界している。高校同期会のM会長、T実行委員長、N次期委員長(予定)らは肺ガンや前立腺ガンだった。
現代は「二人に一人はガンに罹患する」時代というけど、医療技術や医薬品の目覚ましい研究・開発で、「早期発見」できれば治癒すると言われる。

     IMG_20170323_193704.jpg
     (長女がくれた、経過5年を「5歳」にもじった祝ケーキ)

ただし、血液ガンだけは原因が不明で予防の方法がないらしく、「急性骨髄性白血病」の場合の生存率は5割と宣告されて、生きた心地はしなかった。
運よく回復してきたのは、担当医師や看護師の適切な治療はもとより、妻や子供らの支えが大きく、前向きに生き抜く気力を与えてくれたと感謝している。

 ごく普段のなんでもない日常生活なのだけど、大病を克服しつつある実感に満足を覚える。食事が美味しくいただけるのが体調の良好さを示しているようだ。
ただし、体重が8㌔も減って戻らず、体力は情けないほど低下した。胃腸の吸収力が弱いとのことで、毎日ウォーキングすることが大切で血管の老化を予防する効果もある。
ところが私は、寒い、暑いと言ってはウォーキングをさぼり、毎日、パソコンの前にへばりついている〝パソコン依存〟爺さんになりきっている。

                    IMG_20170327_100211.jpg
     (庭のボケの花)

 昨秋、長女の結婚披露宴のときは「生きていてよかった」と涙をこらえきれなかった。
やがて、長男や次女も晴れやかな日を迎えるに違いない。
遠くないうちに孫たちに会えるだろうと思うと、自然に気持ちが弾んでくる。

     1475795147856新

 先日、芸能界きっての〝おしどり夫婦〟中尾彬と池波志乃がTVで語っていた。――生い先短いのだから、身の回りのものを思いっきり整理・処分したらスッキリしたと。
私も見倣って、まず本だなの本を処分し始めた。若いころ読み漁ったマルクス、レーニンなど革命家の著作、労働運動の関係など並べておくだけで読むことはないだろう。買った本は相当な冊数だが、そのうち三分の一も読んでいない。

                    1060-1[1]

 ところが、マンガ本だけは処分したくない。白土三平や横山光輝、ちばてつやにバロン吉本、水島新司はそのまま残した。
きっと、マルクス、レーニンは恨んでいることだろう。「俺たちの本よりマンガ本のほうが大事なのか?!」って・・・。読む力が落ちてしまって、〝硬派〟の本は敬遠気味だ。
まあ、気ままにのんびり過ごしていきたい、と思うこの頃である。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)