稀勢の里が初優勝、横綱へ昇進

 長年応援してきた甲斐があった。
 今年の初場所で、大関稀勢の里が横綱白鵬を倒し14勝1敗の成績で初優勝した。これを受けて横綱審議会は昨日(1/23)、全会一致で稀勢の里を横綱に推挙した。

     img981.jpg
     (千秋楽、横綱・白鵬を破る)

 稀勢の里が平幕のとき、双葉山の記録(69連勝)を目指した横綱白鵬を63連勝で止めて、一躍注目を浴びた。貴乃花に次ぐスピード出世だったが、大関昇進までは所要42場所と史上5番目に遅かった。

 大関になってから何度も優勝の機会があったのに、気が弱いのか賞杯に手が届くことはなかった。
 だが、大関陣が総崩れ(琴奨菊が大関陥落、照ノ富士がカド番、豪栄道は8勝止まりで休場)の中、稀勢の里は角界入りして15年、初土俵以来休みは一日のみという体の頑丈さだ。

     img982.jpg
     (優勝インタビューで涙を流す稀勢の里)

 今場所は2横綱・1大関が途中休場するという、願ってもない条件下での戦いでもあった。ある作家が「何でも手軽で便利な時代に、不器用とはどういうものか、を土俵上で見せつけてくれた」と言っていた。
 元横綱審議会委員の内館牧子さん(脚本家)は「バスがダメなら飛行機があるさ」と思って見ていたら、「飛行機は一気に『第72代横綱』という目的地に着いた」と例えてみせた。
 私も、稀勢の里の角界きっての誠実・生真面目さが大好きである。

     img983-2.jpg
     (観客席で喜ぶ稀勢の里のご両親)

 日本出身横綱不在は第3代目若の花以来19年間。相撲協会や横綱審議会は千秋楽の対白鵬戦を待つことなく「横綱昇進」を口にした。
 新聞などメディアでは、「内規を満たしていない」「昇進判断が甘すぎる」との批判も出た。確かにせっかち過ぎるし、横綱になってから大きな負担となる。

     img984.jpg
     (朝日新聞 1月23日付)

 いずれにしても、久しぶりの4横綱時代、しかも正代(前関脇)や御獄海、遠藤などの若い世代の台頭著しく、土俵は一層盛り上がりそうである。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)