ネット依存症とSNSの時代

 松飾などを片付け「七草がゆ」をいただいて、お正月に一区切りした。
 それにしても、年末年始のTV番組の面白くないこと。ニュースはもっぱら、トランプ新米大統領、朴槿恵韓国大統領の弾劾、〝小池劇場〟のあれこれなどの繰り返しだ。

 私の日常生活も、まったく単調で退屈この上ない。毎朝、新聞記事の切り抜きとパソコン保存、ブログにフェイスブックといったことの繰り返しで、パソコンから離れない。
・・・たまたま、朝日新聞に「危険、若者のネット依存」(1/7)、「SNSの時代、格闘は続く」(1/9)という記事が目にとまった。

     img668.jpg

 「インターネット依存」――厚労省の中高生のネット依存度調査(12年度)では、中学生の6%、高校生の9・4%が該当し、全国で約52万人と推計した。
 この問題に詳しい医師の話しでは、若者のネット依存が顕在化したのは15年ほど前から。低年齢ほど人格形成が未成熟で依存に陥りやすいという。

 どうすれば防げるのか。――専門医によると、ネットでゲームができる環境の与えっぱなしをやめ、利用制限するルールを家庭で作るのが有効。趣味や学業、部活などに取り組むように保護者や周囲が仕向ける。
 子どもがネットに逃避する背景には、家族関係のゆがみがあることが多く、特に父親の家庭への関与が薄いケースが目立つという。

     img667.jpg

 一方、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が本格化するのは1990年代に入ってからのようだ。
 紀元105年の紙、15世紀の活版印刷の発明。そして新聞、ラジオ、テレビ、ネットの登場。技術の発展に伴い、人類が生む情報量は増え続けてきた、と言われる。実際、掲載した図を見ると驚くべき勢いだ。

 1950年代半ば、評論家の大宅壮一が「家庭の茶の間に氾濫しては一億総白痴化になる」と発言して流行語になった。新しいメディアが登場するたびに、悪影響を心配する声も出た。「自分で選択し判断できる『自律した人間』が近代西洋社会の理想だった。それが難しくなりつつある」と門林岳史・関西大学准教授は指摘する。
 いずれにしても、難しい時代を迎えつつある。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)