オスプレイ~肝心なことは〝役立たず〟の代物だ!

 今月13日、在沖米軍のオスプレイが名護市沖の海上に墜落した。訓練中に給油機の給油ホースをプロペラで切断したのだった。

     AAlxBdh[1]
    
 在沖米軍トップのニコルソン四軍調整官は「住宅を避けたパイロットは称賛されるべきで、むしろ感謝すべきだ」と、信じられない言葉を発した。まるで〝植民地〟意識丸出しで、翁長知事をはじめ沖縄県民は大いに怒った。
一方日本政府は、「『墜落』でなく『不時着』だ」と米軍の説明を丸呑みにした苦しい弁解。墜落であれ不時着であれ、重大な事故に間違いない。

     ニコルソン沖縄四軍調整官
     (ニコルソン在沖米四軍調整官)

 同機は試作段階から墜落を繰り返して〝未亡人製造機〟という不名誉な烙印を押された。だが、危険性や騒音問題以上に「オスプレイは役立たずの代物」ではないのか。
 墜落した翌日、朝日新聞のインタビューで沖縄国際大の佐藤学教授(政治学)がまったく同じことを語っている。その要旨を紹介してみる。

     佐藤学・沖縄国際大教授
     (佐藤学・沖縄国際大教授)

――「落ちる」「危険」という話ばかりだと、「落ちなければ危険でない」という話になる。問題は、落ちなくても「オスプレイは役に立たないだろう」ということ。
実際、2013年12月に南スーダンで、米国人を救出するため、米空軍がオスプレイを飛ばしたけど、反政府勢力から機関銃で撃たれて救出作戦を中断した。

――「離島防衛などでは、空自と海自が先行して制空権と制海権を確保するのが大事。陸自(水陸機動団)がオスプレイで行くのはそのあとだ」。
「米陸軍は、陸自も持つ大型ヘリCH-47で充分。オスプレイは高いし、装甲も弱く、整備に手間がかかる」。

     img282.jpg
     (朝日新聞 12月16日付)

――冷戦も終わり、陸自は北海道の部隊をどこかに持っていかないといえない。そこに格好の「中国の脅威」が出てきて、「島嶼防衛」とか言って水陸機動団をつくり、オスプレイを買うことにした。

――総額約30億ドル(約3400億円)もかけて、米国からオスプレイ(17機)を買う。
米国が日本を守ってくれるという幻想をふりまければ安い買い物、という判断なのでしょう。いわば「お守り」ですね・・・。

 最近、これほど明快に解説してくれる学者も少ない。与野党の政治家たちにしっかり聞かせたいものだ。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)