原子力3社の「統合計画」

 月日の移ろいは早いもので、明日から11月で「立冬」を迎える。
 TVでは毎日、〝小池劇場〟でいささかウンザリする。
  ところで、原子力をめぐる動きから目が離せない。小さな記事だけど、「日立の原子力事業、統合視野」というのがあった。

     東電の東原社長
     ( 日立製作所の東原敏昭社長)

 日立製作所の東原敏昭社長は今月27日の記者会見で、東芝、三菱重工業との3社で核燃料の製造事業を統合する方針に関連し、「燃料だけでなく、全体を考えるべき時期が来る」と話した。
 中核となる原子炉の設計、製造事業も将来的に統合する可能性に踏み込んだ。
東電福島第一原発の事故後、国内では原発の再稼働や新増設が進まず、各社とも原子力事業の採算が悪くなっているという。

     東芝とWH

     仏アレバ社
     (仏アレバ社のスタッフ)

 ただ、原子力事業の統合は、各社が別々の海外メーカーと手を組んでいることなどからハードルが高いとされる。
ちなみに、日立は米GEと合弁事業を組み、東芝は米WHを買収、三菱は仏アレバ社と合弁会社を設立といった具合に、世界の原子力産業の中核主体となっている。

 一方、福島第一原発の事故に伴う事故処理や賠償費用は、いまの想定より7兆円超増える見込みで、経産省は東電が負担しきれない分は「国民負担」とする魂胆のようだ。
例えば、溶けだした核燃料(デブリ)の実態すら不明で、正確な見積もりなど困難だ。

     16.10.17朝日・東電救済シナリオ

〝核のゴミ〟処分場の見通しもないまま、再稼働や運転期間延長への認可が進んでいる。
 ドイツに続き台湾も2020年までに「原発ゼロ」を決めた。日本も、核燃料サイクルを断念して「原発ゼロ」へのロードマップをつくる局面を迎えているのではないか。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)