宇宙にある銀河は20兆個との研究新説

 私は以前から「宇宙もの」が大好きだ。
 AFP=時事通信(10月14日付)によると、「観測可能な」宇宙にある銀河は2兆個で従来説の20倍にも及ぶという。とても興味深いので、以下に抜粋してみる。

 米天文学専門誌アストロノミカル・ジャーナルに掲載された研究論文によると、この驚くべき発見はハッブル宇宙望遠鏡で20年にわたり収集された画像データで構築した3次元モデルに基づくものだという。

     AAiVeA2[1]

 米天文学者エドウィン・ハッブルが1924年、太陽系がある天の川銀河に隣接するアンドロメダ銀河が、天の川銀河の一部ではないことを証明して以来、現代天文学の時代においても、銀河の数を正確に集計するのは困難であることが判明していた。
今回の最新の研究成果によると、この「観測可能な宇宙」の範囲内でさえも、現在の技術では、そこに存在するもののわずか10%しか見ることができないという。研究を率いた英ノッティンガム大学のクリストファー・コンセーリチェ氏は「次世代の望遠鏡を用いてこれらの銀河を観測すれば、興味深い性質を発見できるかもしれない」と述べている。

     宇宙誕生

 今回の研究では、宇宙の起源と考えられている大爆発「ビッグバン」が起きて間もない130億年以上前まで時間をさかのぼる分析を行った。研究チームは最新の数理モデルを使用して、望遠鏡の観測範囲を超える「不可視の」銀河の数を推計した結果、その大半があまりに光が弱くて遠く離れているために見えていないという驚くべき認識に到達した。
宇宙が誕生してからまだ数十億年しかたっていない時期には、一定の空間体積内に存在する銀河の数が現在の10倍だったことを、今回の結果は示唆している。

     マゼラン雲
     (マゼラン雲)

 全く気の遠くなるような話だ。これだけの銀河、天体に「知的生命体」がいるというのが普通ではないのだろうか。興味は尽きない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)