〝脱原発〟派の首長潰しを許すな!

 新潟県の泉田裕彦知事が8月30日、知事選への立候補を突然撤回した。泉田知事はこれまで、柏崎刈羽原発の再稼働に慎重な姿勢をとり続けてきた。

     img251.jpg
     (不出馬を表明する泉田知事)

 撤回の理由として、県が関連する事業に関する船の購入契約トラブルを巡る新潟日報の報道姿勢を挙げた。
 自分が退くことで、「原子力防災を争点化した上で選ばれる知事が誕生して欲しい」との期待を示した。

 知事は、川内や伊方原発が再稼働する中、柏崎刈羽原発について「福島第一原発事故の検証が先だ」と訴えてきた。
 また、「福島事故の検証と総括を続けていく中で、重大な問題が浮かび上がっている」と指摘し、原発の新規制基準は「国際水準に達していない」と批判した。
 住民避難についても「新潟県の場合、どうやって約44万人が2時間で避難できるのか」などと国の指針に疑問を呈した。

     2016091117040000.jpg
     (週刊金曜日 9月9日号)

 「週刊金曜日」(9月9日号)によると、――「対抗馬の森民夫前長岡市長は高齢で知名度も低く、泉田知事に及ばない」。そこで、「一部の自民党が『新潟日報』と組んで泉田知事へのネガティブキャンペーンを仕掛けたようです。東電も同紙に全面カラー広告を出して援助」したというのだ。
 同じようなケースは原発立地・青森県でも見られた。同県の『東奥日報』は、脱原発派の鹿内博青森市長に対して、第三セクターの赤字問題を執拗に批判し、鹿内市長が辞意を表明した。

 泉田知事は後継指名はしないとの態度だが、是非とも原発再稼働に反対する新知事を誕生させてほしいものだ。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)