九電・株主総会と脱原発

 この時期、企業の株主総会のシーズンだ。
私は、川内、玄海両原発を抱える九州電力の株主総会の様子が気になった。
 以下、朝日新聞の報道(6月29日付)より拾ってみる。

    img702 - コピー

 見出しは、「原発不安『問題ない』一蹴~九電、玄海再稼働に全力」とある。
瓜生道明・九電社長は総会後の記者会見で、「(原発に対して)さらなる不安感が募ってきたのかなと思っている」と話した。

    15.6.26朝日・九電、株主総会 - コピー
    (総会会場に入る株主たち)

 一方、総会では、「災害時の避難はパニックになる」「川内原発を今すぐに止めてほしい」(熊本での被災女性)。「震災になったら計画通りの避難などできるわけがない」(自宅が半壊した神谷杖治・元熊本大助教)。
 「避難計画が必要になるような原子力エネルギーを提供していること自体が、社会的責任を放棄している」「震災が起きれば屋内退避は不可能。原発事故の避難計画は役に立たない」「九電や国は避難計画を自治体任せにしている」(水俣市の九電株主)。
 なかには、「いつだって地震は起きる。科学でいかに地震を乗り越えるかを考えるべきだ」(佐賀県小城市・男性74歳)との意見もあった。

    img706.jpg

 こうした不安や異議について、瓜生社長は「安全性について何ら問題ない」「より一層原発の安全性をお伝えして参りたい」「ご意見として承ります」と答弁し余裕をみせた。
 あらためて思う。九電などの電力会社の経営陣にとっての関心事は「経営状態」であり、原発自体の危険性や住民の不安などは問題外である。

    img704.jpg
    (総会後に記者会見する瓜生道明社長)

 現在、鹿児島では、原発の是非を巡って県知事選挙が行われている。なんとか一矢報いてほしいものだ!
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)