防衛大で酷い〝人権侵害〟ーー支援体制をつくり勝訴へ!

エリート自衛官を養成する防衛大学校で、人権侵害行為が組織的に行われ常態化していた。俄かには信じがたい現実だ。

    P5230002.jpg
    (福岡高裁・地裁)

 一昨日、福岡地裁で「防衛大学校・人権侵害裁判」の第1回公判が開かれたので、傍聴と今後の支援に関する話し合いに行ってきた。
 事件の概要は、「訴状の概要」によると以下のとおりだ。

    ef375ed55ffab1760418c8fccc2969b6[1]
    (訓練の光景)

―― 原告の防衛大の元学生Aさんは、2013年4月の入校式直後より、指導という名のもとに数々の傷害、暴行を受けた。
 13年6月から14年5月にかけて、原告に暴力行為を働いた被告B(上級生)は罰金20万円、被告C(上級生)は同10万円、被告D(上級生)は同10万円の略式命令に処せられた。
 教官は、これら一連の暴力行為を認識していながら、原告を救済せず、人権侵害行為の発生を予防する対策を怠った。

―― また、同学年の被告2人からも指導という名のもとに数々の暴行を受け、上級生と同様の対応を強要された。
 さらに、別の被告E(上級生)からはロッカー内をめちゃくちゃにされるなどの執拗な「いじめ」を受けた。
 また、暴力行為だけでなく、同じ中隊の2年生・被告F及びGからは、原告の写真を無断で「遺影」に改変してLINE上に公開されて精神的ダメージを受けた。

    22bodai03[1]
    (卒業式で訓示) 

―― 原告は、カウンセラー、教官に相談したが限界となり、14年8月から15年4月まで休学を余儀なくされ、15年3月に退学するに及んだ。

 原告の「意見陳述書」(16.5.23)によると、入校式の日に出席することなく迎えにきた家族と帰っていく学生が80人ほどもいたという。せっかく合格したのに入校式の日に大学を去るというのは、尋常ではない。
 防衛大といえば、いまも競争率の高い〝狭き門〟だ。入校すると「特別職国家公務員」の身分となり、学費と衣食住費用は国費負担で、毎月約11万円の手当と賞与約38万円を受け取れる。
毎年480人が入校し、卒業者は350~400人で、「任官拒否者」が増えているという。

    img_0038[1]
    (開校記念祭)

 原告は、「他の部屋では目も耳も覆うような出来事があり、私はその人たちの思いも込めて裁判に臨む」と述べている。
 訴状によると、本裁判では、加害学生(8人)に対する不法行為責任だけでなく、防衛大(国)の安全配慮義務違反による損害賠償(約2297万円)を求める、としている。
 また、防衛大では「学生間指導」を制度として導入しており、その運用における注意を怠ったという「組織的な責任」を根拠づけるものであることを明らかにしたいと述べている。
 
    P4230008.jpg
    (「たちかぜ」裁判、東京高裁で勝訴判決。2014年)

 護衛艦「さわぎり」裁判勝訴から8年、護衛艦「たちかぜ」裁判勝訴から2年、この15年の間に自衛官の人権侵害裁判は全国各地に広がり、原告側の勝訴が相次いだ。
 防衛省・自衛隊はその都度、謝罪して「再発防止」を誓ったはずである。幹部や隊員らのメンタルヘルス教育にも力を入れてきた。
 しかし、陸・海・空自衛隊及び防衛大における「人権侵害」の根は深く、構造的な問題として浮かび上がっている。
 すでに今年3月「安保法」が施行され、参院選後、自衛隊の海外での「武力行使」に道が開かれる。これまで以上に自衛官の人権侵害が多発・深刻化しないか憂慮される。

    P5230006 - コピー
    (支援体制を話し合う弁護士や支援者)

 まずは、九州各県の平和フォーラムや平和運動センター、社民党などが中心になって支援する体制をしっかり作りたい。それを基点にして、すでに結成されている弁護団ネットワークや「家族会」などと連携して全国的な支援の輪を広げ、世論を喚起していきたいものだ。
 (※なお、原告は退学後別の大学で学んでおり、生活などに影響が及ばないように、名前は匿名にしています。)
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

No title

ブログ内の画像を無断引用していませんか?
https://mipsrisc.files.wordpress.com/2012/11/img_0038.jpg
著作権法違反で違法です。
最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)