チェルノブイリ原発事故30年に思う

  今月26日は「チェルノブイリ原発事故」から30年であった。

    チェルノブイリ原発
    (爆発したチェルノブイリ原発4号炉)

  あの日の出来事は今でも鮮明に覚えている。TV数局で特集報道があった。
事故のあった4号炉には、核燃料と建屋の建材などが高温で混じり合った危険物質(デブリ)が手つかずのまま残されている。この事故に関わったロシアの専門家は「デブリを取り出すのは困難で、非現実的だ」と語った。

    デブリ
    (4号炉内のデブリ)

  朝日新聞(4/27付)では、元地元記者のインタビュー記事が載っていた。
記者のコワレスカヤさん(63歳)は、事故の1か月前、旧ソ連の原子力村にあったノルマありきで質を無視する無責任体質を告発し、「欠陥のツケを払うには数十年もかかる」と指摘、旧ソ連では異例の記事だった。

     16.4.27朝日・事故1か月前の警告 - コピー
     (コワレスカヤさん)

  5年前に起こった「福島第一原発事故」について彼女は、「チェルノブイリから誰も学んでいない。学者は理論をよくわかっているけど、30年前も今も、燃えている原子炉をすぐ鎮める方法を知らない」と、原子力村への怒りは消えない。
  チェルノブイリ原発4号炉は、「石棺」で封じ込められているが老朽化が酷く、新たな建造物で石棺全体を覆う予定だ。

     志賀原発と活断層
     (志賀原発と活断層)

  ところで、原子力規制委員会は志賀原発1号機の原子炉建屋直下の断層について、「活断層と解釈するのが合理的」との有識者会合の報告を受理した。
  北陸電力は「事実誤認がある」などと否定しており、審査の場で争う考えだ。また、規制委は、敷地内のボーリング調査や周辺断層の調査など追加データの提出を北陸電力に求めた。

    岸本玄海町長
    (岸本英雄・玄海町長)

  一方、玄海原発の立地自治体である玄海町(佐賀県)の岸本英雄町長は、「核のゴミ最終処分場」受け入れに前向きの姿勢を示したという。国が同処分場を「沿岸部の海底の地下に造る」とする計画に賛意を示したとのことらしい。
  国はすでに、候補地を「公募」方式から「協力要請」方式に切り替えて、候補地の全国マップを作成するという。
 「文献調査」に応じると年10億円、「ボーリング調査」などは年20億円が当該自治体に交付される仕組みだ。この他にも国民の目の届かない所で相当の〝カネが動く〟ことが疑われる。

    bdb82d09[1]
    (チェルノブイリ原発の避難区域内に住む老婆)

  いずれにしても、国内の使用済み核燃料は約1万8000トン、高レベル放射性廃棄物はガラス固化体換算で2万5000本相当もある。
  これらの処分方法や処分地も決まらず、避難訓練も不充分なまま、電力各社や政府が活断層など無視して、「原発再稼働」や「原発輸出」に血道をあげるのは〝正気の沙汰〟とは思えない。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)