北海道新幹線が開業~危機に立つJR北海道

  昨日、北海道民の「長年の悲願」と言われてきた北海道新幹線が開業した。
 道民挙げての祝賀ムードとはいかず不協和音の中での出発だ。JR北海道は深刻な危機にあるとの記事が目にとまった。(朝日新聞 3月19日付)

    16.3.19朝日・「祝・新幹線」の陰で
    (朝日新聞 3月19日付)

  コラム「記者有論」(北海道報道センター、日比野容子)によると、危機の内容はこうだ。
――鉄道事業は年400億円の赤字で、黒字路線は一つもない。頼みの新幹線も年50億円規模の赤字が出る見通しだ。
2013年にレール検査数値の改ざんが発覚して国の事業改善命令を受け、安全投資に2600億円を投じねばならず、21年に経営破綻するとの試算も社内にはある。

――そもそもJR北は、年500億円近い赤字が出ることを前提に発足した。そこで6822億円の経営安定基金が設けられ、運用益で赤字を埋めるはずだった。
  ところが90年代半ば以降の低金利で運用益が半分に減り、収支のつじつまを合わせるために安全投資を削り続けた。そのツケが近年、事故やトラブルの形で一気に噴き出した。

――JR北はいま、「国は実質上の株主。まさか見捨てはすまい」という甘えから決別。全30線区ごとの収支を情報公開するなど、安全最優先の企業へ再生する改革を進めている。
  しかし、不採算路線の見直しに、地域住民や自治体は反発を強める。政治家や道民の方が、「最後は国が助けてくれる」という甘えから抜け出せず、JR北の進める改革の足を引っ張っているように、私(日比野)には見える。

    新函館
    (新函館駅を出発する新幹線「はやぶさ」)

――国にも問題はある。赤字体質の会社を発足させた責任を棚上げして、「運用益の減少はJR北の創意工夫で補うべきだ」と言うのは無責任だ。国には、JR北が安全投資を削るのを知りながら黙認してきた責任もある。
  経営安定基金の積み増しなど、枠組みの抜本的な見直しを進めるべきだ。来年は国鉄分割民営化から30年。それぞれが「甘え」を捨てて知恵を出し合い、人口減少時代にふさわしい地域の足のあり方を考え、練り上げるべきではないか。

    imgConstFgauge02[1]
    (フリーゲージ・トレインの軌道)

    16.3.27朝日・整備新幹線、見えぬ採算 - コピー
     (朝日新聞 3月27日付)

  さて、「長崎新幹線」はどうか。「フリーゲージ・トレイン(FGT)」は車両の開発が遅れ、国や長崎・佐賀両県はとりあえず在来特急と新幹線を乗り継ぐ「リレー方式」による22年開業につじつまを合わせた。国は引き続きFGTの開発を進める方針だが、地元経済界や政治家たちは、莫大な資金(税金)のことなどお構いなしに「フル規格」に地道をあげる始末だ。

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)