エルズバーグ氏と核貯蔵問題

  朝日新聞のブロークンアロー(核事故を追う)。――2月18日付記事に関して、簡単なコメント。

 元米国防総省のダニエル・エルズバーグ博士は、米政府が情報を隠したままベトナム戦争を始めたことなどが記された『ペンタゴン・ペーパーズ』を暴露したことで知られる。そのエルズバーグ氏が「岩国の米軍基地に60年代まで核兵器があった」と証言したのは、78年つまり28年前のことだ。

    AS20160217003294_comm[1]

 朝日新聞の取材に対してエルズバーグ氏は、「岩国基地に核兵器があったことを日本政府も知っていた。国防長官に撤去すべきだと進言したが、受け入れられなかった」。
 「軍事機密はつきものだが、政府の役人を守るためだ。終戦後数年で公開されるべきだ」。「大量の核兵器保有の戦略的理由などなかった。スタッフの仕事と、兵器企業の利益のためだ」。

    Satsuki_Eda_cropped[1]

 なんともあっけらかんとしたものだ。私は、長崎でエルズバーグ氏と会う機会があった。23年も前のことだ。彼は、原水禁世界大会の特別分科会(93年)に招かれていた。そこで私はエルズバーグ氏に対して、「日本は弾道ミサイルと核保有の可能性があるのでは」と問うてみたのだ。
彼は、江田五月・科技庁長官を表敬訪問した折、長官の卓上に置かれたH2ロケットを見て「これはICBMだ!」と言ったと答えたのだった。
 
    H_IIA_No._F23_with_GPM_on_its_way_to_the_launchpad[1]
     (H2ロケットを打ち上げる種子島基地)

 米国には今なお、日本の核兵器保有に対する警戒心が根強くある。何よりも、安倍首相や祖父・岸信介らは根っからの「核保有論者」である。
 いま一つ、佐世保の前畑弾薬庫にも50年代、明らかに核兵器を貯蔵していた。基地で働く従業員(全駐労)のA氏がはっきり証言していた。

    前畑弾薬庫
    (前畑弾薬庫)

 「国家の利益と人類の利益の間で揺れた。最後は、憲法や、だまされてきた市民や議会を助けることを選んだ」、というエルズバーグ氏の発言を重く受け止めたい。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)