がん「10年生存率」を考える

  「がん10年生存率58%」「がん『10年生存率』どう見る」――今月、朝日新聞で2回(1/20、1/26)、また「週刊文春」でも「10年生存率」についての記事が載っていた。
 私自身が、4年前に「急性骨髄性白血病」に罹患したので、この種の記事などにとても敏感になった。

    cancer_dock01[1]

 このたび、国立がん研究センターが、がん患者を10年間追跡して集計した10年後の生存率を始めて公表した。
 全国16のがん専門病院で、99年から02年にがんと診断された患者約3万5千人を10年間追跡したのだという。

 結果、5大がん(胃、大腸、肝臓、肺、乳房)のうち、胃と大腸は5年生存率と比べて2ポイント前後しか変わらなかった。乳房の場合、5年生存率は9割近いが、5年以降もほぼ同じ割合で生存率が下がる。肝臓は約3割の5年生存率が1割台に下がる。

    img155.jpg
    (「週刊文春」2/4号より)

 同研究センターの若尾文彦・がん対策情報センター長によると、「あくまで10数年前のデータとして参考にしてほしい」と言う。
 今はがん検診を中心に早期の発見・診断が進み、新薬も登場した。若尾さんは「08年ごろから、新しい抗がん剤や分子標的薬が出てきて、現在はもっと改善された数値になるとみられる」とのことだ。

 以前は、「がんは5年以内に亡くなる病気」だと考えられていた。しかし今は、目覚ましい医療技術や新薬の研究・開発で、多くの命が救われている。
 さらに、今年1月からは「全国がん登録」という制度がスタートしたらしい。これからは全国すべての病院からデータが集められ、精度の高い生存率を出せるようになるという。
 データを駆使したがん治療の時代が、すぐそこまで来ている。

    img155 - コピー
     (「週刊文春」2/4号より)

 それにしても気になるのは、「血液がん」に関するデータや言及が全くないことだ。私の担当医が「血液がんだけは原因が未だに把握できず、予防法もない」と言っていた。
 しかし、知人のH元市議は白血病を罹患してすでに18年生存、Y県議は悪性リンパ腫に罹ってから15年を経過して、二人ともいたって元気だ。

 私の場合、今年3月で「骨髄移植」から丸4年を経過する。担当医は「再発リスクの低減は5年が一応の目安です」と言っておられた。
 危ういところで〝拾った〟命だ。くよくよ考えずに、運を天に任せて前向きに生きていきたいと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)