空母型護衛艦「いずも」~空母4隻を保有する海自

  昨日の報道ステーション・年末SPで、就役したばかりの空母型護衛艦「いずも」の艦内映像が報道された。

    護衛艦「いずも」

 「いずも」は、満載排水量2万6千トン、全長248メートル(新幹線の長さに匹敵)で海自最大の護衛艦だ。オスプレイなど10数機、大型トラック50台収容。手術室など医療設備完備、ベッド1千人分、300人収容の食堂など・・・。この1隻で護衛艦・輸送艦・補給艦・病院船の役割を担うもっぱら海外派遣仕様の「高速多目的艦」だ。
 建造費は通常型護衛艦の約2倍(1千3百億円)と高額だ。

    輸送艦「おおすみ」   
    (水陸両用艇LCACを収納する輸送艦「おおすみ」)

 空母保有は海自にとって長年の悲願であった。その走りは大型輸送艦「おおすみ」(1万4千トン。98年就役)で空母型の船型となった。当時、故・佐々木芳隆さんが「空母保有への第一歩」とAERA誌に書かれたのをよく覚えている。
 防衛庁(当時)関係者は、「甲板が戦闘機の運用に耐えられない」と弁明したが、英国のエアロスペース社が「48時間で運用できる甲板に替えられる」と売り込んだものだ。

 その後、09年~11年にかけて空母型護衛艦「ひゅうが」級を2隻(「ひゅうが」「いせ」)保有した。満載排水量1万9千トン、全長197メートル。ヘリ10機を搭載。
 「いずも」級はもう1隻を建造中(17年就役予定)なので、海自は「ヘリ護衛艦」という名の空母4隻を保有することになる。
 
    ヘリ護衛艦「ひゅうが」
    (空母型護衛艦「ひゅうが」)

 長い冷戦期、自衛隊は保有する武器も〝専守防衛〟に徹してきた。海自は「周辺国に脅威を与えないように、1万トンを超える艦船は持たない」との不文律を守ってきた。
 ところが、最近は「中国の脅威(海洋進出)」を理由に空母型などの大型艦船を相次いで保有し始めたのは、いかにも皮肉なことだ。
 「いずも」の艦長が言う「これまでの護衛任務に日米協力任務が加わります」と。参院選が終わるまでは派手な動きは控えるのだろうが、目がはなせない。


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)