自衛隊 贅沢三昧の❝お買い物❞

  台所は❝火の車❞なのに豪華な車をローンで買う、などということは普通の家庭ではありえない。
 ところが、そのありえないはずのことが政府・防衛省ではまかり通るらしい。国の借金は今年度末に一千兆円を超える。にも拘わらず、年額約1兆6千億円もの❝お買い物❞をする。年間約4兆5千億円の防衛予算とは別枠で、「後年度負担」と称する❝装備調達ローン❞がそれである。

空母ひゅうが
(空母型護衛艦「ひゅうが」 満載排水量18,000トン)

 おおむね10年間の防衛の基本方針を「防衛計画の大綱」と呼ぶが、その「別表」で主要装備品や基幹部隊の数値目標を示す。安倍内閣は、3年前に民主党政権下で決定した「大綱」と「別表」を早くも見直すと表明、自民党や財界は防衛費の大幅増額を求めている。
 昨日の新聞によると、財務省は「非効率な調達の温床になりかねない」との理由で「別表」の廃止を求め、防衛省や自民党防衛族などは警戒感を強めている、という。

財務vs防衛の攻防
(朝日新聞 2013年5月31日付)

 私は、3年前、鳩山・民主党政権下の「防衛予算を斬る」というレポートを書いた。そこでは、「専守防衛」原則で保有できないはずの超高額兵器が相次ぎ導入され、元統幕議長らの起用で制服組の影響力が強まっている、と警鐘を鳴らした。

今川レポート
今川レポート
(長崎県職員連合労組機関誌「長崎消息」2010年3月号より)

http://goo.gl/vihv5

 自民党政権が復帰したいま、(ミサイル防衛や無人偵察機など)米国の押し売りも相まってその流れはいっそう強まっている。いかにも無駄で贅沢すぎる兵器一覧を示しておく。

無駄な兵器
無駄な兵器2
(「週刊金曜日」2008年8月8日より)

 これらのしわ寄せは❝演習現場❞に表れているらしい。実弾にこと欠き、「パ、パーン!」と口で叫んで撃っているというのだ。……笑ってすませる訳にはいかない現実である。
 
F35ライトニング
(航空自衛隊の主力戦闘機F4の後継機F35ライトニング。配備は2016年12月予定で、
調達総額は約1兆円。)

 冷戦時代、防衛予算は❝ソ連の脅威❞を理由に倍々ゲームで増えて、自衛隊の肥大化を招いた。北海道に張り付けた戦車群は無用の長物と化した。
 いま、「北朝鮮のミサイル」や「中国の外洋進出」をことさらに煽り立てるのは、まったくの二番煎じと言うべきだろう。武器の共同開発・生産や「武器輸出三原則」の緩和などもってのほかだ。

無人偵察機
(無人偵察機「グローバルホーク」)

 いまや、世の中は良くも悪くも❛グローバル化❜を迎えて各国とも❛相互依存❜の時代だ。それにふさわしい「安全保障」のあり方を模索すべきだと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)