躍進・共産党を考える

 このところ共産党が注目を浴びている。BS11では特集「安倍政治と真っ向対決~共産党の戦略」に志位和夫委員長が出演(11/10)。週刊朝日は「日本共産党大研究」との特集を組んだ(11/27号)。

      週刊朝日
   
 たしかに昨年の衆院選では前回(8議席)から21議席に倍増させる躍進ぶり。維新の党の分裂騒動もあって、いまや共産党は衆・参で民主党に次ぐ野党第2党に躍り出た。また、地方選でも、宮城県議選(10/25)では前回の4議席から8議席に倍増、民主党を抜いて野党第1党になった。

 勢いに乗る共産党は、来夏の参院選に向けて「戦争法(安保法)廃止」の一点で結集する「国民連合政府」構想を掲げて、参院選「一人区」での選挙協力を野党各党に呼び掛けている。
 仮に「一人区」での選挙協力がうまくいけば、与党が29勝2敗で大勝した前回(13年)と違って野党の議席が上回る。改選数が半数なのでいきなり与野党逆転とはいかないが、相当の緊張感が生まれ、安倍政権の足元は大きく揺らぐだろう。

    細野豪志
     (細野豪志・民主党政調会長)

 ところが肝心の民主党がハッキリしない。というより内部で細野豪志・政調会長や前原誠司・元代表らは「共産党と組む選択肢はない」と言い切り、維新の党と会談して「民主党の解党」で合意したという。
 こうした状況下で注目された大阪の〝ダブル選挙〟は、府知事・市長戦とも「大阪維新の会」側の完勝となった(11/23)。
 安倍首相と通じる黒幕・橋下徹が、参院選でいかなる布陣で臨むのか目が離せない。
  
     橋下徹
     (橋下徹・大阪市長)

 ところで、前記の週刊朝日誌上のインタビューで共産党の不破哲三・前議長が次のように語っている。
――国会では、長らく共産党の排除が原理になっていた。それが崩れたのが民主・自由党との国会共闘(98年)です。橋下政権退陣後の首班指名では菅直人さんに投票しました。
 昔の自民党は「保守総連合」で、国民の声に耳を傾ける政治家がたくさんいました。橋本龍太郎さんや小沢一郎さんとは親しかった。
――今の自民党は、劣化してしまった。極右の人たちが中心にいて、党内に多様な意見が出せなくなってしまった。大変危険なコースを歩んでいます。

    不破哲三
    (不破哲三・前共産党議長)

 こうした躍進・共産党への評価はネット上でも賛否両論賑やかだが、共産党の元政策委員長で今は保守派の論客と言われる筆坂秀世氏のインタビュー(BLOGOS編集部)がなかなか面白いので抜粋してみる。

    筆坂秀世
    (筆坂秀世・元共産党政策委員長)

――共産党が躍進するのは当たり前です。民主党など他の野党があまりに頼りないから、「自民党がイヤだ」という人の引き算の選択で、「共産党しかないな」という状態になっている。これはしばらく続くんじゃないですかね。
――「天皇制」の問題に関して。「天皇制打倒」と言ってきたけど、いまの天皇制は何の権限も持たない。不破哲三さん(元委員長)は「❛君主制❜とやったのが、マズかったんだよな」と言って、容認するように変えたんです。
 ――共産党にとって一番の課題は、若い共産党員をいかに増やすかです。全学連なんてほとんどなくなっちゃいました。民青はかつて20万人いましたが、今や全国で2000人いるかどうかです。
――過去、憲法9条を変えると言っていた共産党が、今は「9条は、世界の宝」と主張しているんだから、ムチャクチャですよね。かつてのマルクス・レーニン主義路線から社会民主主義路線に完全に変更してしまっていますね。
 本来なら、党内で大論戦をして総括をしなければならなかったのに、やらなかった。
 (※ちなみに筆坂氏は12年前、秘書と女性の3人で飲んでいて、一緒に踊っていた女性の腰に触ったとしてセクハラで訴えられて、議員辞職しすべての役職を解任されている。)

     志位和夫
     (志位和夫・共産党委員長)

 これから来夏の参院選に向けて、野党が選挙協力でいかに結束して戦えるのかを問われている時に、こうした水を差すようなことを書くのは気がひける。
 しかし、「憲法九条を変えろ!」「原発を推進しろ!」「社会党主要打撃論」「幻の民主連合政府構想」・・・という否定しようのない共産党の過去に対して、今の共産党は何一つ国民に対して納得のいく説明をしたことはない。

 また、私が国会にいた頃、当時の自衛隊の海外派兵や「有事法制」の審議に際して、野党各党は理事懇談会などで法案審議を避ける戦術をとっているにもかかわらず、共産党だけは居残ることを繰り返したのだった。
 私は今も、共産党に対してこうした根強い不信感を持っている。来夏の参院選で自・公政権を追い詰めるためには共産党の協力が不可欠だ。だからこそ、共産党は自己総括と反省を明確にすべきだと思う。

 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)