原子力空母「R.レーガン」の横須賀配備に反対する

 今月1日午前中、横須賀を母港とする原子力空母「G.ワシントン」に替って「R.レーガン」が入港・配備された。通常型のミッドウェー(73年配備)から数えて5隻目だ。
原子力空母の配備に反対する市民は、抗議船を出し近くの公園では反対集会を開いた。

   横須賀に入港する空母レーガン
   (横須賀に入港する米空母「R.レーガン」。
    甲板上に「はじめまして」の人文字)

 かつて、軍事評論家のT氏やO氏などは「首根っこを押さえつけるみたいに、首都圏に配備されるのは日本だけで、屈辱的だ」と痛烈に批判していた。冷戦期は対ソ連、今は対中国と屁理屈と絆創膏はどこにでもくっつくものだ。

   反対集会
   (横須賀で開かれた反対集会。10/2)

 米議会では、対テロ戦にカネ喰い虫の大型空母は不要との意見も出るが、造船所を維持するために建造せざるをえないという皮肉な現実がある。
 ちなみに、最新型の「G.フォード」の建造費用は約81億ドル(7579億円)、年間維持・運用費4億2700万ドル(613億円)。この他搭載する航空機(約80機)や電子機器設備などを合わせると1兆円を超える。
 原子力空母の建造は、唯一バージニア州のニューポートニューズ造船所である。

 ニミッツ

 ところで、原子力空母の名前の由来について、忘れないようにメモしておく。
命名は三通りで、米国軍人・大統領・政治家の名前を拝借している。

   ニミッツ元帥
   (ニミッツ元帥)

 代表的なニミッツ級(10隻)の「ニミッツ」は海軍元帥。「G.ワシントン」や「R.レーガン」は大統領で、この他「D.アイゼンハワー」「T.ルーズベルト」「A.リンカーン」「H.トルーマン」「G.ブッシュ」。「カール・ヴィンソン」は下院議員、「J.ステニス」は上院銀議員・軍事委員長。「エンタープライズ」だけは例外。
 
    カール・ビンソン
    (カール・ヴィンソン)

 最新型のG.フォード級は当面3隻が予定され、「G.フォード」のほか「J.ケネディ」と「エンタープライズ」の艦名が復活するようだ。「J.ケネディ」は通常型空母につけられていた名前だ。

   フォード
   (「G.フォード」)

 こうした命名は本来、当人が亡くなってからその名誉のために付けるらしいが、そうした伝統を破って「カール・ヴィンソン」の場合は当人が存命中に名付けたという。
 
    原子力空母「ケネディ」

 いずれにせよ、原子力空母の横須賀配備に強く反対する!

スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)