沖縄と真剣に向き合った政治家たち

  政府・与党が成立を急ぐ「安保関連法案」。昨日、それに対する国会前での反対行動には、予定の10万人を超える12万人が集まったという。

   P8310001.jpg

 全国から集まった皆は口々に「戦争させない!」「安倍退陣!」を連呼した。顔ぶれも、この種の行動に無縁だった女性や若者、あるいは弁護士や学者、ミュージシャンや芸能人、それに野党の政治家や労組員と実に多彩だ。
〝異色〟は与党・公明党の最大支持団体である創価学会の会員有志が三色旗(学会旗)を掲げて参加していた。

 ところで、安保法案と並んで重要な沖縄の「辺野古新基地建設」問題から目をそらす訳にはいかない。政府は、来月9日まで辺野古の建設作業を一時中断して、沖縄県との話し合いを進めている。
私とその上の世代なら知っていることだが、忘れないようにあえて書き残しておきたい。今月30日の朝日新聞のコラム『日曜に想う』で星浩・特別編集委員が翁長沖縄県知事へのインタビューをした、その要旨を紹介する。

  15.4.6朝日・菅翁長vs会談 - コピー
  (翁長知事と菅官房長官)

――翁長知事は、東京などで講演すると「日米安保に反対なのか」と聞かれるらしい。対して、知事は「あなたは自宅近くに米軍基地ができるとしたら、受け入れますか?」と逆に問う。答えはほとんど「受け入れない」。では「あなたは日米安保に反対なのですか」と聞くと黙ってしまう。

    yamanakasadanori[1]
    (故・山中貞則氏)

 肝心なのは次である。
――永田町ではかつて、橋本龍太郎、小渕恵三、梶山静六、野中広務各氏らがいた。彼らの先輩格に山中貞則氏がいた。そのエピソードでは、選挙区・鹿児島の支持者から「沖縄に注ぐエネルギーの10分の1でもいいから、地元のことにも力を入れてください」と言われた。山中氏は「何を言うか!」「沖縄の人たちが地上戦で踏ん張ったから、米軍は鹿児島に上陸できなかった。沖縄の人々が戦わなかったら、君らは海に沈んでいた。沖縄のために働くのは政治家の責任だ」と力説した。
  t01410181_0141018110445633252[1]  o0350050011847067862[1]
 (故・梶山静六氏)   (故・橋本龍太郎氏)


 そいう時代から数十年、この6月、自民党本部の若手勉強会では「沖縄のゆがんだ世論を正しい方向に持っていく」との発言が相次いだ。この落差は一体何なのだろう。
 沖縄では、翁長知事を誕生させた昨年の知事選頃から「イデオロギーよりアイデンティティー」が合言葉になっているという。
 私たちヤマトンチューは、この沖縄のアイデンティティーをどう受け止めるべきか。じっくり考え、行動で示したい。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)