新幹線フリーゲージトレインの耐久試験中断を考える

 22年度開業予定の新幹線長崎ルート。
 だけど、肝心のフリーゲージ・トレイン(FGT)の耐久試験が中断している。FGTとは、車輪の間隔を変えて新幹線(1435㍉)と在来線(1067㍉)を行き来する方法だ。

  20fgt-info[1]

 昨年10月、熊本などで直通走行を繰り返す耐久試験を始めたが、台車の車輪近くの樹脂製部品32カ所の内14カ所に不具合が生じたという。
「車輪幅が変わるFGTだと呼称が脱線に直結する恐れがあり、深刻な不具合」だと、JRの新幹線技術者は指摘する。

  1024px-Free_Gauge_Train_GCT-01_at_kamogawa[1]
  (試験走行車)

金沢まで延伸した北陸新幹線では、JR西日本が敦賀―大阪間を暫定措置としてFGTでつなぐ方針だが、雪にも対応できる試験車の設計は止まっている。
政府は敦賀開業を3年前倒しして22年とする方針だが、JR西の真鍋社長は「(FGT開発は)どんなに頑張っても10年はかかる」と懸念をしめしているようだ。

     長崎新幹線ルート

長崎ルート建設の総費用は約4000億円と見積もられており、福岡―長崎間の時間短縮は約20数分に過ぎない。しかも、沿線自治体の費用負担や在来線の廃止などのデメリットも大きいのだ。
 まるで高度成長期のように、空港や高速道路に加えて新幹線も欲しいというのは時代錯誤ではないのか。
〝経済成長〟至上主義の思考から脱して、セーフティーネットが充実した生活のあり様を模索すべきではないかと思う。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)