「海遍路」~有明海の再生を考える

 有明海の再生を、海上で考えるという朝日新聞の記事(5/28)が興味深い。
日本の海辺をシーカヤックで巡るNPO法人「海遍路」。そのブログには――海に生きる漁師に学び、実感し、発信し、自然と人のあるべき関係を紡ぎながら、未来に繋ぐ新たな価値観を創出する、とある。

    海遍路

 今回は、有明海の再生のための糸口を探る目的で、熊本県玉名市を出発し、反時計回りに有明海を進んで、きょう南島原市の口之津港にゴールインした。

    海遍路・有明海

 海遍路副理事長の八幡暁さんは「砂地、干潟、河口域など、有明海には多様な生き物、漁の姿があったのだろうが、漁師からは『とれない』という話しか出てこなかった」と語る。田中克・京大名誉教授は「有明海の異変は日本の沿岸環境、沿岸漁業の縮図。再生のためには、子どもたちを水辺に呼び戻すような大きな視野が必要だ」と語った。

    有明海を巡る航海

    「あれで有明海は死んだ」(湯江漁師)
   (「あれで有明海は死んだ」と語る湯江の漁師)

    「にし」という巻貝
    (「にし」と呼ばれる巻貝)

 諫早干拓、筑後川大堰など沿岸開発や海砂採取など、有明海の環境悪化の原因は人間だ。本来、協働するべき漁業者と農業者を分断する象徴であるかのように、「諫早干拓」が存在する。

    潮受け堤防上の道路
    (潮受け堤防上の道路)

 地方行政は、公平・中立な立場で相対立する両者を和解させるべきなのに、農業者の側に立っている。同じ構図は、「石木ダム」問題にも見られる。「海遍路」が言うところの〝自然との共生〟という視点に欠けている。
 
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)