チャゴス島民の帰郷を願う

 昨日の朝日新聞「世界発」に、「英領チャゴス」の記事が載っていた。
 私は、チャゴス諸島の中の「ディエゴガルシア」という島の名前をよく覚えている。湾岸戦争(91年)の頃、佐世保港の弾薬所とデ島との間を弾薬輸送船が頻繁に往復したからだ。

   英領チャゴス

 チャゴス諸島は、大小60以上の環礁や小島群からなる。16世紀にポルトガルによって発見され、1814年に英国の保護領になりモーリシャスの一部として統治。
 1965年、「英インド洋領土」に編入。翌66年、米国との防衛協力で諸島内のディエゴガルシア島を米国に50年間貸与する。島民約2千人がモーリシャスやセーシェルに移住させられた。

   ディエゴガルシア島

 ディエゴガルシア島の貸与期限が来年切れることから、元島民たちの帰還願望が高まっているという。これまでも、島民たちは英政府に対して、島での居住禁止措置は違法だとして裁判所で争ってきた。

 米国は、ミクロネシアの島々でも島民たちに同じ仕打ちを行ってきた。46年、ビキニ環礁は原水爆実験を行うために〝戦略的価値〟があるとして、島民たちを周辺の荒海の孤島に移住させた。「第五福竜丸」の被曝はよく知られているが、マーシャル諸島の島民たちは何も知らされずに大量被曝した。まるでモルモット扱いであった。
 
   4.故郷を捨てる-
   (ビキニ島を出ていく島民たち。豊崎博光氏撮影)

 私が、「ズー・セオリー(動物園理論)」という言葉と出会ったのは、パラオに行った22年前のことだ。住民たちを檻で囲って、従順ならば缶詰などを与えて慣らすという「理論」らしい。チャゴス諸島やミクロネシア諸島でも、住民たちを人間としてではなく動物並みの扱いをしてきた訳だ。

   帰島希望で挙手する元島民
   (朝日新聞4月22日付)

 一連の法廷闘争を経て、英国内外に「帰島を認めるべきだ」との世論が高まっているという。
 セーシェルに移住させられた元島民のジョゼット・ナヤさんは振り返る。「ディエゴガルシアでは島民全員が一つの家族のようだった。おなかがすいたらヤシの実を食べ、友人と歌いながら若い頃を過ごした」。娘と息子に語って聞かせた。「あなたたちのふるさとはチャゴス。いつか子や孫に、美しい島の風景を見せてあげてほしい」と。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)