SSK「佐世保闘争」の記憶をたどる

 朝日新聞の戦後70年シリーズ「ながさき物語」の第4回で「造船不況」が取り上げてあった。
 登場するのは、SSK(現・佐世保重工業)の山川正行さん(67歳)、労働組合・連合を結成以来私の友人でもある。

  山川正行さん
  (山川正行氏)

 入社は66年、当時は景気もよくて工員は7千人超。「嫁に出すならSSKに」と言われた頃に、山川さんも結婚して自宅を新築したらしい。

  img910.jpg
  (SSK第3ドック)

 ところが、73年秋のオイルショックでSSKは深刻な経営危機に見舞われ、合理化の嵐が吹き荒れた。78年春の希望退職募集では、想定を上回る1681人が応募した。
 窮地にたったSSKの救済に敢えて政財界が動いたのは、原子力船「むつ」の修理受け入れや米軍基地との関係だろう。

  スト入り食堂集会80年1月
  (会社食堂でスト突入の集会)

〝奥道後のドン〟坪内寿夫(来島ドック)が社長に就任すると、徹底した合理化を断行。
賃金カットや定昇・ボーナスの停止、多くのベテラン工員が各地に出向させられた。
 SSK労愛会(現・佐世保重工労組)は、ついに5回に及ぶストライキ闘争に突入し、造船重機労連も支援に立ち上がった。
 佐世保地区労や総評系の各産別労組も側面支援したものである。

  img911.jpg
  (これは第3ドックを巡る闘いの時、組合・管理職を前に私が講演した。96年1月)

 しかし結果は、労組側が会社の三項目合理化案を呑むことで労使合意したのだった。
 この「闘い」の真相というかいわば裏面史については、当時の労愛会・反執行部派のリーダーだった光武五郎氏(故人)の著書「労働組合は死んだ」に詳しい。(私も、2年前の6月のブログで書いている)

 私は、この「闘い」を通じて光武氏ら反執行部派の皆さんと親しくなり、地区労の支援もあって同グループの田中正純氏(故人)を市会議員(社会党)に当選させたのだった。
 ストライキ終結後、地区労事務所をお礼に訪れた国竹七郎・労愛会会長(故人)は「あんな闘争はもうコリゴリです」と神妙に語っていたのをよく覚えている。

  14.5.24朝日・SSK子会社に
  (朝日新聞 14年5月24日)

 「佐世保闘争」とも称されたSSKの労使紛争に関わる想い出は尽きない。そのSSKは昨年10月、名村造船(伊万里市)の完全子会社となり工員は約750人に激減している。
スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)