ことばの力で心も癒す~北の大地の赤ひげ・下田憲

 きょう、BS-TBSでヒポクラテスの誓い「ことばの力で心も癒す~北の大地の赤ひげ 下田憲」という番組があった。
下田憲氏は、佐世保北高の同期である。18期会の論文集に寄稿したり、佐世保合同還暦祝いで記念講演しているので、彼の存在は知っていた。

    140603164030[1]

 しかし、彼が、敢えて遥か北海道・南富良野町で病院を開いて生活しているのか、きょうの番組で知った。――2歳の時に父親を失くし、母親は再婚して二人の子どもをもうけ、家族5人の生活になった。しかし、「自分はこの世に不要な人間だ」との疎外感に悩み、遥か遠くの北海道大学(医学部)に入ったというのだ。

   img151.jpg

 南富良野町の診療所を後継に譲り、幾寅に「けん三のことば館クリニック」を開業したのは04年。地域住民の憩いの場として建てたが、住民の希望でクリニックとして使うことになった。内科、小児科、心療内科が専門。治療方針は「悪い薬は用いません。悪い治療も選びません。体を癒すだけでなく、心の癒しもめざします」。東洋医学と西洋医学を併用し、目指すは「安上がりの医療」だ。
診療所にはいたるところに、「言葉」が掲げられている。「患者さんとの触れ合いでいただいたもの」というように患者の「心の声」なのだ。

   img149.jpg

 毎日40人ほどの患者に無償で行っているのが鍼治療だ。「よけいな薬を使わずに済み、薬の副作用がなく、何よりも安価で良質な医療を提供できます」と話す。心の傷は薬では治せないので、カウンセリングで治す。無料だとあって全国から患者がやってくる。
在宅医療の〝走り〟ともいえる存在で、ドキュメンタリー番組でも紹介されたことがある。
 トレードマークは、白衣でなくて白い作務衣だ。休日には趣味のアコーディオン演奏で近所の老人ホームに慰問を続けている。腕前はプロ級で、重い楽器を抱えるので健康法でもあるのだという。

   img150.jpg

 「今、とても満足している。目一杯の医療をやっているから」と話し、「患者さんが慕ってくれる。こんないい生活をして許されるのか」と思うほど幸せを感じている。
だから「自分に思い上がりがないか、問い直している」と自らを戒める。
医院のなかにある「屋根裏部屋」に一人で住んでいる。幾寅を終の棲家と決めて、体が動く限り診療を続ける覚悟だと言う。

 昨年3月、日本医師会の第2回「赤ひげ大賞」を受賞した。すごい同期生がいたものだ。本当に誇らしい!


スポンサーサイト

comment

管理者にだけ表示を許可する

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別アーカイブ
カテゴリ
プロフィール

FC2USER537587ATX

Author:FC2USER537587ATX
今川正美のブログへようこそ!

生年月日 1947年8月7日
住  所 長崎県佐世保市
学  歴 佐世保北高等学校
     卒業(66年)
     佐賀大学農学部農
     学科中退(68年)
職  歴 佐世保地区労書記
       (68年)
     佐世保地区労事務
     局長(94年)
政 治 歴 衆議院議員
     (2000年・1期
      社会民主党)